関ヶ原

豪華キャストが勢揃いした時代劇大作

原題:関ヶ原
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年8月26日
上映時間:149分
製作会社:
配給:東宝、アスミック・エース
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
司馬遼太郎の名作小説を豪華キャスト共演で映画化。石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出す。幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていた。そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになるが、秀吉の体調があまり思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいった。そして1598年8月、秀吉が逝去。1600年9月15日、毛利輝元を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなる。

★【スタッフ】
監督:原田眞人(関連作品:『日本のいちばん長い日』)
脚本:原田眞人
撮影:柴主高秀
音楽:富貴晴美

★【キャスト】
岡田准一、役所広司、有村架純、平岳大、東出昌大、北村有起哉、伊藤歩、中嶋しゅう、音尾琢真、松角洋平、和田正人、キムラ緑子、滝藤賢一

【無料動画】

主演・岡田准一!映画『関ヶ原』予告編

主演・岡田准一!映画『関ヶ原』予告編

(C)2017 「関ヶ原」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.0/5.0 3.21/5.00 3.3/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
53% 64点 69.0点
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【インタビュー】
有村架純「常に戦う目でいるというか、石田家の屋敷の中にいるときは身内にしか見せない表情もしますが、外では笑顔をなくして。歩き方も女性っぽくならないように、がに股で歩くようにしていました」

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年9月10日) 
超大作と呼ぶのにふさわしい映画でした。長いように思えますが、149分では関ヶ原に纏わる群像劇の10%くらいしか描かれていないような印象さえ受けます。それでもこの作品は圧倒的な情報量でできうる限りの歴史を詰め込んだハイカロリーな仕上がりなのです。ゆえに軽い気持ちで視聴するとびっくりしますし、覚悟をしていてもドッと疲れます。一度で理解しようと思う方が無謀かも。正直、一時停止しながら見るか、繰り返し鑑賞するのがおすすめ。
●映画FUN (2017年9月13日) 
日本人なら誰もが知っているであろう関ケ原の戦い。それを題材にしているので、きっとこの映画も馴染みやすい映画だと思った…そんな一般人の思惑をことごとくぶち壊す容赦のない一作でした。日本史の知識が薄いとか、そういう原因にできるほどの次元じゃありません。大河ドラマのダイジェストのような2時間半なので、本の速読のようなスキルが要求されます。個人的には深く考えずに流れのままに身を任せても良いと思うのでご自由に鑑賞を。
●STREAMIN (2017年9月14日) 
天下分け目の大戦に到る様子が異常なめまぐるしさで描写されるが、これでも最低限の情報量なんだろうなと思う。肝心の合戦シーンは迫力があり、それだけに小早川軍が東軍に加勢するあたりでは少し感動さえも覚えました。セリフの早回しは原田眞人監督の十八番というか、ある日本映画史のお家芸だが、今作はそれをガッツリ時代劇に適用したのはかなり挑戦的。方言もプラスされた会話合戦は、もうひとつの関ケ原の戦になっているといえる。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)