ローサは密告された

カンヌ称賛、フィリピンのスラム街を描くリアル作

原題:Ma’ Rosa
製作:フィリピン(2016年)
日本公開日:2017年7月29日
上映時間:110分
製作会社:Center Stage Productions
配給:ビターズ・エンド
製作費:
興行収入:

★【評価】
第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で女優賞を受賞。

フィリピンのインディペンデント映画界を代表する俊英ブリランテ・メンドーサ監督が、東南アジア最大といわれるマニラのスラム街で懸命に生きる女性とその家族を描いたドラマ。4人の子どもを持つローサは、マニラのスラム街で小さなコンビニエンスストアを経営し、地元の人々からも愛されていた。彼女と夫のネストールは家計の足しにするため少量の麻薬を扱っていたが、そのことが警察に追究されて逮捕されてしまう。ローサの子どもたちは腐敗した警察から両親を取り戻すべく奔走するが…。

★【スタッフ】
監督:ブリランテ・メンドーサ
脚本:トロイ・エスピリトゥ
撮影:オディッシー・フローレス
音楽:テリーサ・バローゾ

★【キャスト】
ジャクリン・ホセ、フリオ・ディアス、フェリックス・ローコー、アンディ・アイゲンマン、ジョマリ・アンヘレス

【無料動画】

『ローサは密告された』予告編

『ローサは密告された』予告編

(C)Sari-Sari Store 2016


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年8月10日) 
フィリピンのスラムに漂う陰鬱な湿り気と共に、全てのシーンがじっとりと生々しく纏わりつく日常作でした。これが通常なのかと思うと辛いものがありますね。仲間を売り密売に手を染めるのも全ては生き残るため。しかし、それはさらなる地獄に自分を突き落とすことにしかならず。犯罪を悪い事と断罪するのは誰にでもできるが、なぜそれが起こるのか裏を描いていくことは、それを防止するためにも理解するためにもどうしても必要なことだろうな。
DAILYMOTION (2017年8月11日) 
東南アジアのフィリピンのスラム街マニラの現状、腐敗しきった警察や貧困極める市民など、それはもうドキュメンタリーのようでこれが現実なのかと圧倒される。揺れるハンディと粗い色彩がスラム街の現状と非常にマッチしており、臨場感溢れる映像に、迷い込んだ錯覚にさえ陥る。腐敗した警察、麻薬の横流しや密告、横領、子供達の貧困。闇がさらなる闇を生む負の連鎖。これを食い止めるのはどうしたらいいのか。私にはもうわからない。
STREAMANGO (2017年8月17日) 
これは映画で観なければ絶対に私たち日本人は知らない世界。日本は東南アジア諸国を、経済面では良い労働力確保の場か、市場開拓の場所くらいにしか見ていないし、観光面では素敵な文化を持つ異国くらいにしか思っていない。この現実を知ることで、日本人の感覚がいかに無知かわかる。私たちが笑っている裏では、ここまでの劣悪な世界を噛みしめている人がいる。世界はなんて無慈悲なのか。不正で腐りすぎた警察って、本当に救いがない。