Pick Up NEWS!

 

メディアが沈黙する日

動画『メディアが沈黙する日』を無料視聴

原題:Nobody Speak: Trials of the Free Press
製作:オランダ・アメリカ(2017年)
日本公開日:2017年6月(Netflix配信)
上映時間:96分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Nobody Speak: Trials of the Free Press
(2017) on IMDb
90% Rotten Tomatoes – Nobody Speak: Trials of the Free Press

【あらすじ】
元プロレスラーのハルク・ホーガンとゴーカー・メディア社の訴訟問題。その裏には、金の力で批判を封じ、報道の自由を奪おうとしたある大物の姿があった。

【スタッフ】
監督:ブライアン・ナッペンバーガー

【キャスト】

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2017年8月10日) star_5
メディアが沈黙するとき、それはいかなるときだろうか。戦争が起きたとき? いや、違う。金と権力を持った支配欲の強い野郎が現れたときだ。まさしく莫大な金の力でメディアが封殺されていく恐怖を描いたドキュメンタリーがこの「メディアが沈黙する日」である。見ていてとにかく恐ろしい。こんなにもあっさりとメディアが潰されていくとは。これは決して他人事ではなく、日本でも起きうることだ。すでに日本の大手メディアはスポンサーのことを配慮しすぎて報道の正確性を失ってる。これがさらに権力の持った個人の介入が進んだとしたら、目の当てられない事態となってしまう。そんなときが来ないことを祈るが、残念なことにその時は近いのかもしれない。私たち一般人はただ翻弄されるしかない。
海外さん(2017年8月12日) star_5
このドキュメンタリーは、メディアが取り返しのつかないほど傷ついているという考えを示しているため、間違いなく一方的です。誰もインタビューを受けておらず、起こっている活動が良いことを強く示唆している。あなたが探しているものが「公正でバランスの取れた」ものであれば、これはあなたのためではないかもしれません。しかし、あなたがプレスの自由の側にいれば、これはあなたに多くの燃料を提供します。メディア批評に値する人物が購入したラスベガスの新聞について聞きました。新聞を買うことで、彼は事実を確認している監視員を効果的に排除しました。しかしこのドキュメンタリーでは、私が当時知っていたよりもさらに悪いものが示されています。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。