宇宙戦争 ファイナルインパクト

再び目前に現れた宇宙から侵略者

原題:Alien Dawn
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2012年10月(DVDスルー)
上映時間:83分
製作会社:Artists Unlimited Talent Agency
配給:オデッサ・エンタテインメント
製作費:180万ドル
興行収入:

SFの古典ともいえるH.G.ウェルズの原作を独自の新解釈で果敢に挑み、火星人の総攻撃開始からの10日間を斬新な感性で描いたSFパニックアクション。2012年11月28日午前6時。いつものように出勤しようと外に出たマリッサは衝撃的な光景に言葉を失った。巨大な三脚状の機動兵器が暴れ回っている信じられない状態だった。それは、人間ではない、地球外生命体の地球への侵略行為の序章に過ぎなかった。アメリカのみならず、世界各地で同時攻撃がなされていることが判明し、世界は大パニック。各国軍主要施設が重点的に奇襲攻撃を受け、壊滅に追い込まれ、圧倒的に不利であった。合衆国大統領は非常事態宣言を発令。しかし、直後にホワイトハウスが襲撃され、なんと大統領までもが死亡してしまう。もはやダメージは致命的だった…。

★【スタッフ】
監督:ニール・ジョンソン
脚本:ニール・ジョンソン
撮影:カイル・ライト

★【キャスト(キャラクター)】
レイチェル・ディマリア(Marissa J. McKellen)、アレクサンダー・ベル(Anders Kaczynski)、マイケル・アブルスカート(Roger Kaczynski)、ティファニー・アダムス(Sera Michaels)、クリスティーナ・マーティン(Joni Mitchell)、ブルック・ルイス

【無料動画】

宇宙戦争 ファイナルインパクト(字幕版)(プレビュー)

宇宙戦争 ファイナルインパクト(字幕版)(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2014年2月10日) 
「宇宙戦争 ファイナルインパクト」というこれほどまで恥ずかしげもないタイトルセンスに逆に感動。私はこれよりも「世界の戦争」のジャンルではそれほど悪くはないことを見てきました。エイリアンが来る。もちろん、彼らの技術は私たちのものよりはるかに進んでいます。なぜかわからないけど、私たちは推測できる。彼らは私たちが戦い始めることができない武器で惑星全体を襲った。しかし、さらには勝利を達成する。それはこの映画ですか? 実はこれは「独立記念日」ですが、全体的にはほぼ同じです。ここからはあまり期待しないでください。演技は堅いが許容できる。鮮明なプロットホールがありますが、常にそこにあります。特殊効果は十分でしたが、あなたが知っていれば、最近あなたはあなたの家のコンピュータに驚くほど良い特殊効果を加えることができます。
海外さん(2014年6月13日) 
大きな不平を抱く人々は、これで大きな戦いのドラマの欠如と思う。代わりに私たちは生き残ろうとしている少数の人々しかいません。演技と対話は残念ながらとても残念です。混乱と絶望の中でお互いに怒鳴りつくような狂気のようなものです。実際、明白な低予算以外では、これはそれほど悪くはありませんでした。あなたはこの映画がどれほど恐ろしいかを言葉に入れません。私はそれが世界の戦争になろうとしているという事実を信じていません。元の50年代の映画には、これ以上の価値がありました。演技は貧弱で、効果はひどく、音の効果は世界の戦争からまっすぐに盗まれました。実際には、クレジットの終わりに何の侵害も起きていないと読んだとき、私は本当に笑った。