インビンシブル(2001)

メル・ギブソンとジェット・リーが製作総指揮

原題:Invincible
製作:アメリカ(2001年)
日本公開日:2003年12月(DVDスルー)
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

メル・ギブソン、ジェット・リーが製作総指揮をつとめたファンタジーアクション。シャドーマンの1人であるオースは、2000年に渡って人を殺し続け、その果てしない大量の快感を自己満足に楽しんでいた。そんな彼の前に白い戦士ホワイトが出現し、オースは彼女と一戦を交えるが敗れる。するとホワイトはオースに、彼の仲間だったスレイトが地球を破滅させるため、「生命の書」と呼ばれる石碑を手に入れ、「ヴォルテックス」というパワースポットを開くことを企てていると話し、オースに心を光に開くように諭す。改心したオースはスレイトの計画を阻止するため、石碑の半分を奪い、共にスレイトに立ち向かう同志として、世界中から生まれながらに「エレメンツ」の素質を持つ選ばれし者を探し集める。

★【スタッフ】
監督:ジェフリー・レビ
脚本:マイケル・ブラント、デレク・ハース、ジェフリー・レビ
撮影:ジョン・ストークス
音楽:ルパート・パークス

★【キャスト】
ビリー・ゼイン、バイロン・マン、ドミニク・パーセル、ミシェル・コマーフォード、デヴィッド・フィールド

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月10日) 
衝撃を受けたいのであればこの映画を観るべきです。そのショッキングレベルは、例えるのであれば、通勤途中の電車内で全裸の老婆がクマにまたがって雄たけびをあげながら疾走している光景を目撃してしまったような気分。意味不明の極みです、どうしてこんな映画が生まれてしまったのか、それだけは解明したいところですが、手掛かりはゼロ。きっと宇宙人からのテレパシーによって生み出されたのではないかと疑っているのですが、どうでしょう。
SPACEMOV (2016年1月15日) 
この作品のジャンルさえよくわからないというのが、もう難解さを物語っていますね。属性を操る人たちがいて、なんとなく近未来感もあって、でもアクション体術をして、それで何なんだという感じ。なんだか全くよくわからないサーカスショーを見せられたのかもしれない。メルギブソン製作総指揮とか書いていますが、絶対に大したことはしてないですよ。ジェット・リーはアクション面で、怪我をしないように気を付けてねと忠告くらいしたかもね。
DAILYMOTION (2016年1月18日) 
誰かこの映画の真の面白さを教えてほしい。私にはエスペラント語で話しかけられている状態をずっと味わっただけでした。まず「インビンシブル」という誤解すら招くのも馬鹿々々しいタイトルセンスは何なのか。そして、色々何かが起こっているのはわかるとして、最終的に消化不良どころか、毒を放出するくらいの勢いで観客を殺しに来るのは何なのか。この映画がレンタルショップで並んでいること自体がヤバい出来事ですし、見るのは死ぬ気でね。