ヒルシェンの雄鹿

動画『ヒルシェンの雄鹿』を無料視聴

原題:Hirschen
製作:ドイツ(2014年)
日本公開日:2015年
上映時間:125分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

車で鹿をはねて怪我をした男を助けたヒルシェンの住人たちは、困窮している村の経済を立て直す奇抜なアイディアを思いつく。

★【スタッフ】
監督:ジョージ・インシ

★【キャスト】
オズヴァルト・フックス、ゲプハルト・ヴィダメール、ジョージ・インシ、ゼップ・ルッサー

【無料動画】

Hirschen – official trailer austria

Hirschen - official trailer austria


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年9月17日) 
ジョージ・インシ監督の映画愛は上手くいかなかった。ほぼ16年間映画プロジェクトに取り組んでおり、彼の資金調達は常に失敗しています。しかし、実際の村とその動機づけられた住民の助けを借りて、それは最終的に実施することができた。その結果、監督の「直感的な撮影」に続く陽気な地元のカラーコメディであり、豊富な状況コメディを生み出しています。映画のパートナーとして、彼はミュンヘンの女優ベアトリス・フォン・モローの助けを借りていました。自然と幸せな住人に囲まれたオーストリアの静かな村です。しかし、ある日、地元の工場と村人の唯一の雇用主が倒産を申請したとき、絶望は素晴らしく、大半は家を出なければならない。その解決策は、強烈なアイディアであり、そこがこの映画の燃料になっています。
名無しさん(2017年9月24日) 
実際のオーストリアのコミュニティで暮らす人々が参加している、多くの地元の色を持つ珍しいインディペンデント映画のコメディ。いわゆるご当地映画である。しかし、生易しいものではなく、その映画が描く内容はブラックでシュールで皮肉が効いている。人口が減り続け、職もなく、活気も薄れていく地方の田舎の暮らしをコミカルに最大の笑いとともに送り届け、悲しい展開にはならない。村人たちは最初から最後まで徹頭徹尾バカでマヌケで愛らしい人たちばかりである。なので倫理的な問題なのはあまり気にならない。「ヒルシェンの雄鹿」はそのタイトルどおり、動物を駆使したユニークさでも際立っている。動物愛護的には怒るかもしれないが、ユーモアなので寛容でいてほしい。