GODZILLA 怪獣惑星

日本を代表する怪獣ゴジラを初のアニメ化

原題:GODZILLA 怪獣惑星
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年11月17日
上映時間:89分
製作会社:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
日本が誇る「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画。巨大な怪獣たちが支配する2万年後の地球を舞台に、故郷を取り戻すべく帰還した人類の闘いを描く3部作の第1部。20世紀末、巨大生物「怪獣」とそれを凌駕する究極の存在「ゴジラ」が突如として地球に現われた。人類は半世紀にわたる戦いの末に地球脱出を計画し、人工知能により選ばれた人々のみが移民船で旅立つが、たどり着いた星は人類が生存できる環境ではなかった。移民の可能性を閉ざされた船内では、両親の命を奪ったゴジラへの復讐に燃える青年ハルオを中心とする「地球帰還派」が主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断。しかし帰還した地球では既に2万年もの歳月が流れており、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界が広がっていた…。

★【スタッフ】
監督:静野孔文、瀬下寛之
脚本:虚淵玄
音楽:服部隆之

★【キャスト(キャラクター)】
宮野真守(ハルオ・サカキ)、梶裕貴(アダム・ビンデバルト)、小野大輔(エリオット・リーランド)、堀内賢雄(ウンベルト・モーリ)、櫻井孝宏(メトフィエス)、花澤香菜(ユウコ・タニ)、杉田智和(マーティン・ラッザリ)、梶裕貴(アダム・ビンデバルト)、諏訪部順一(ムルエル・ガルグ)、山路和弘(エンダルフ)、三宅健太(リルエル・ベルベ)、中井和哉(ハルエル・ドルド)

【無料動画】

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』予告

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』予告

(C)2017 TOHO CO.,LTD.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
??/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.4/5.0 3.13/5.00 3.4/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
65% 70点 69.0点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年12月2日) 
ほぼプロローグです。そして、「シン・ゴジラ」で再びゴジラ世界に浸ったという人や、新規観客は呆然とするでしょう。それくらい今回のアニゴジは個性が強い。地球がゴジラに支配されているだけでなく、地球外人型生命体という存在によって話もゴジラから逸れるし、硬派な人間ドラマのテンポは3部作ともあって遅い。それでも刺さる人は刺さる。日本のCGアニメってどうも違和感を感じるものが多い中、本作のクオリティは満足のいくものだった。
映画FUN (2017年12月3日) 
序盤のハードSF的な展開もよかったけど、中盤以降の緊迫感と達成感は大作っぽい。過剰な台詞の多さはこの人の作品の良い部分でもあるのだが、いかんせんゴジラが出てこないフラストレーションのダブルパンチで、ダメな人は辛いだろう。しかし、圧倒的に不利な状況からゴジラを倒そうとするクライマックスシーンから雪崩を打ったように俄然盛り上がるのが最高にテンションMAX。このポイントで満点を叩き出してくれれば、それでOKでした。
CRUNCHYROLL (2017年12月5日) 
今までのゴジラとは全く違うSFという世界観、2万年後の地球という新鮮な舞台に、虚淵玄が自由に膨らませた脚本。ポリゴン・ピクチュアズの高いクオリティとそのポリゴン表現が存分に活かされるよう工夫された地球やゴジラの設定、それに様々なガジェット庵野総監督のカラーが極めて色濃く反映された「シン・ゴジラ」をも凌ぐとんでもない絶望的な状況。満足しうる要素はたっぷりある。あとはそれが個人レベルで愛せるかどうかだろう。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)