ドラゴン・オブ・ナチス

動画『ドラゴン・オブ・ナチス』を無料視聴

ナチスの最強兵器、その名はドラゴン

原題:P-51 Dragon Fighter
製作:アメリカ(2014年)
日本公開日:2014年10月(DVDスルー)
上映時間:84分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
ナチスとドラゴンの禁断の組み合わせによるファンタジー戦争アクション。第二次世界大戦、北アフリカ戦線ではナチス・ロンメル将軍が猛威を振るい、連合軍は予想外の苦戦を強いられていた。そんなある日、敵情視察に出た戦車が異様な高熱で何者かに焼き払われる。それは通常の戦場ではありえない光景だった。更に連合軍が秘密裏に手に入れたフィルムには信じられない生物が写されていた。それはナチス・ヒトラーが探し求めていたとされるドラゴンそのものだった。やがてこの凶暴なドラゴンはナチスの生物兵器として空を支配し始め、未知の存在によって追い詰められた連合軍は各国より精鋭のパイロットを集め、ドラゴン撃滅に乗り出す。

★【スタッフ】
監督:マーク・アトキンス
脚本:マーク・アトキンス
撮影:マーク・アトキンス

★【キャスト】
スコット・マーティン、ステファニー・ベラン、ロス・ブルックス、オスマン・ソイカット、ロバート・パイク・ダニエル、トム・ラシュフォード、トレイ・マッカーリー、クリント・グレン・フンメル

【動画】

映画 『ドラゴン・オブ・ナチス』 公式予告編

映画 『ドラゴン・オブ・ナチス』 公式予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月14日) star_5
第2次世界大戦で、もしドラゴンが兵器に使われていたら…。これはラノベの設定ではありません。アメリカ映画の世界観です。ドイツのオカルト研究は世界トップクラスだから、これもOKでしょうと言わんばかりのとんでもないアレンジ。そのアイディアは良いけど、映像化できるのか。誰もが思うところですが、はい、見事に映像化には成功の反対でした。つまり、アレです。もう言わない。ドラゴンと交信する謎の美女四人組とかツッコミはできるけど。
SPACEMOV (2016年1月17日) star_5
ナチスの最強兵器がドラゴンだったら? 確かに凄い。そしてこのタイトルです。なんてパワーワードなのでしょうか。これだけで手が視聴するために動いてしまいます。そして、その結果、私が目にしたのは、画面を飛び回る無数の小さい蛾みたいな影。なんだこれは。モスラ以下だ。面白半分で観るにはちょうどいいとか思っている皆さん、そんな感情はドラゴンに一瞬で食われてしまいますよ。この映画は死ぬ気で観ないとダメです。相手は兵器ですよ。
STREAMANGO (2016年1月24日) star_5
ドラゴンはコウモリ、戦闘機はプラモデル、そんなチープなビジュアルでどうこの作品を解釈すればいいのか。ナチスはドラゴンを飼ったり、月の裏側でUFO作ったりと研究熱心であることだけがわかる。このトンデモ歴史映画ももっと遊び心が欲しかった部分はあります。オスドラゴンの翼の卍マークは生まれつきなのかとか、どうでもいいことを想像していましたが、そこはあれでしょう。ナチスの最先端科学をもってすれば何でもできるのです。きっと。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする

フォローする(最新更新情報をチェック)