グリーン・ゾーン

動画『グリーン・ゾーン』を無料視聴

あなたは最前線に送り込まれる

原題:Green Zone
製作:アメリカ(2010年)
日本公開日:2010年5月14日
上映時間:114分
製作会社:Working Title Films
配給:東宝東和
製作費:
興行収入:

★【評価】
53% Rotten Tomatoes

★【あらすじ】
米軍兵士の戦いを描くサスペンス・アクション。砂漠に隠された大量破壊兵器の所在を突き止めるという極秘任務につく米軍兵士のミラーは、調査を重ねるも兵器の痕跡すら発見できず、情報の信憑性に疑問を抱き始める。国防省の動きを不審に思ったミラーは部隊を離れ、CIAのブラウンと独自に調査を開始するが、そこには全世界を揺るがす衝撃の真実が待ち受けていた。

★【スタッフ】
監督:ポール・グリーングラス(関連作品:『ボーン・アルティメイタム』)
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
撮影:バリー・アクロイド
音楽:ジョン・パウエル

★【キャスト】
マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス

【無料動画】

映画『グリーン・ゾーン』予告編

映画『グリーン・ゾーン』予告編

(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月15日) 
いつも通りのアメリカンな映画です。だからそういうのを待っていたんだという方は大満足できるはず。「ワシントン・ポスト」紙のジャーナリストであるラジャフ・チャンドラセカランの2006年のノンフィクション作品「インペリアル・ライフ・イン・ザ・エメラルド・シティ」を映画化しているらしいので、かなりリアルな部分もあるのだろうけど、やはり映画的なノリが目立つし、細かい事は考えてはダメな系なのは避けられない印象ですが。
OPENLOAD (2016年1月17日) 
ボーン・シリーズと社会派映画オタクだった昔の自分は勝手気ままに大絶賛してました。でもある時期になるとアメリカの偽善だとかいう思想に目覚めるのですよね。自身の正義を世界に押し付けるアメリカのエゴがお間抜けに露呈しているんだ、こういうアメリカ映画は!と怒ったりして。そして、さらにステージが進むと、戦争なんて善悪で語ること自体が無意味だから、反アメリカ思想も意味がないと思い始めて冷静になるんですよね。
STREAMANGO (2016年1月19日) 
序盤はありきたりな悪者退治からの英雄讃美映画かと思いきや、中盤から影で手引きしている真犯人の存在がバッチリと露呈しサスペンスチックに変貌。大国のゴタゴタに小国が巻き込まれるのは現実でも起こり得る話だと思っていると世界って残酷だなと。学校もスクールカーストがあるし、会社も年功序列があるけど、国同士のグローバリズムでも格差社会があるという現実に、虚しくなります。ガンアクションは可もなく不可もなく、まずまずの一作。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)