サイレント・マウンテン

白一色の吹雪に封印された恐怖

原題:Blood Runs Cold
製作:スウェーデン(2011年)
日本公開日:2014年2月(DVDスルー)
上映時間:74分
製作会社:
配給:竹書房
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
雪に埋もれた冬山を舞台に、白一色の非現実的な銀世界に飛び散る、音のない世界で繰り広げられる新たな恐怖を描く北欧ホラー。舞台は北欧、雪に埋もれた冬山。人気女性ミュージシャンのウィノナは新曲のインスピレーションを得るために、マネージャーが借りてくれた山小屋に数週間籠りに一人やってきた。退屈しのぎに訪れた村のバーで彼女は、別れたかつての恋人リックと偶然再会する。懐かしさに盛り上がった二人は、リックの知り合いのカップルたちと一緒に、ウィノナの山小屋に戻りパーティーの続きをすることに。そして、その夜が惨劇の幕開けとなった。突如現れた、ゴーグルに全身包帯、斧を片手に握った奇怪な存在が、一人また一人と追い詰め、殺害していく。

★【スタッフ】
監督:ソニー・ラグーナ
脚本:ソニー・ラグーナ、ダヴィッド・リリェブラード、トミー・ヴィクルンド
撮影:ソニー・ラグーナ
音楽:サミール・エル・アラウィ

★【キャスト】
ハンナ・オルデンブリ、リサ・ヘニ、アンドレアス・リランダー、ラルフ・ベック、エリン・ヒューゴソン、パトリック・サックス

【無料動画】

Blood Runs Cold Trailer

Blood Runs Cold Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
冬山登山はとっても危険。毎年遭難する人が相次いでいるように、例えプロでも油断すれば容赦ないほど最悪の試練を味わうことになる。その危険の代表例と言えば、体温と視界を一瞬で奪う吹雪、膨大な質量が人間を押しつぶす雪崩、突如として襲い掛かる殺人鬼。これら対策を万全にしている人はなかなかいない。寒さ対策はあっても、さすがに殺し屋対策を講じている人はいないだろう。ということでこの映画を観て意識改革をしてみるといいだろう。
DAILYMOTION (2016年1月11日) 
低予算映画の基礎はしっかり押さえているので意外に残念な気分にはなりませんでした。グロは結構頑張っているほうだし、エロもしっかりいれてくる。少ない金額でも創意工夫でここまでできますというお手本みたいな映画になったのではないでしょうか。なんでここまで予想外のしっかり具合なのかと思ったら、アメリカ映画ではないんですね。まさかのスウェーデン作品です。やっぱりバカなどうしようもないB級映画はアメリカにしか作れないんだな。
OPENLOAD (2016年1月12日) 
ゴアが凄い気合入ってます。首も飛べば、内臓も吹き飛び、切断しまくり。世界にはグロに命をかけているクリエーターがいるものですね。こういう人間がいるだけで、映画界の基盤が保たれている気がしますよ。ただ、本作は非常に予算スケールが小さいことが推察できるほど、こじんまりとした規模で物語が展開します。これだけの腕があるなら、もう少しお金を与えれば、もっと素晴らしい映画を作ってくれそうなのですが、誰かスポンサーいないのか。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)