トロフィーの行方

動画『トロフィーの行方』を無料視聴

原題:Jules and Dolores
製作:ブラジル(2016年)
日本公開日:2017年
上映時間:90分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 O Roubo da Taça
(2016) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
1983年、ワールドカップのトロフィーがブラジルサッカー協会の本部から盗まれた。謎だらけの大騒動の先に待つのは一体何なのか…。

【スタッフ】
監督:カイート・オルチス

【キャスト】
パウロ・ティーフェンタラー、ダニーロ・グランゲイア、ミリェム・コルタス

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

名無しさん(2017年8月10日) star_5
ワールドカップのトロフィーがサッカー協会の本部から窃盗されてしまって起きる大騒動を描く、なんともブラジルらしいコミカルな犯罪映画。てっきりフィクションだと思ったら、なんと実話らしいですね。しかも、このトロフィー、ブラジルで盗難に遭う前に、別の場所でも盗まれたことがあるらしく、ついてないトロフィーです。だから、決してブラジルが特別に落ち度があるわけじゃないのですが、それでもブラジルの社会情勢を色濃く反映した出来事だと思います。価値のある貴重品ということなのでしょうが、他に盗むものはなかったのだろうか。いや、これを盗むことに価値があったのかもしれない。そんな奇妙で謎めいた事件をこの映画はそこまで深刻に陥ることなく、軽やかに描く。歴史的にもとても意味深い映画なのではないですか。
海外さん(2017年9月19日) star_5
1983年にジュール・リメ杯の盗難のエピソードは、おそらく唯一の策略と腐敗の非常に特定の概念で、この国に存在している可能性がいくつかの要素が含まれています。ディレクターはキャラクターを理想化しないことに同意します。すべて同じように哀れなので、彼らの行為は他の人の無能のためにしか働かない。ドローレスによるカップの発見と、捜査官と犯罪者がほとんどリオデジャネイロにいる瞬間を見てください。フレームは簡単なジョークに頼らざるを得ずに、コメディに不可欠な敏捷性をプリントします。またサウンドトラックは笑いを聴くと聴衆に警告するよう強制されません。この盗みは不思議と軽やかでゆったりとした笑いをもたらします。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。