タンゴ・リブレ 君を想う

愛の官能タンゴムービー

原題:Tango libre
製作:ベルギー、フランス、ルクセンブルク(2012年)
日本公開日:2013年9月28日
上映時間:97分
製作会社:Artémis Productions
配給:
製作費:
興行収入:

情熱的なアルゼンチン・タンゴを触媒に、一人の自由奔放な女性を巡って繰り広げられる男たちの予測不能の運命を描く愛と欲望のドラマ。規則正しく退屈な毎日を送る刑務所の看守、JC。ある日、唯一の趣味であるタンゴ教室で15歳の息子を持つ女性アリスと踊り、心惹かれる。翌日、JCは刑務所に面会にやって来たアリスを見つける。ところが彼女の面会相手はなんと、夫と愛人の2人だった。やがて夫のフェルナンはアリスがJCとタンゴを踊っていることを知って嫉妬する。しかし、いつしかタンゴのことが気になり出し、アルゼンチン出身の囚人をつかまえて、刑務所の中でタンゴを習い始めるフェルナンだったが…。

★【スタッフ】
監督:フレデリック・フォンテーヌ
脚本:アンヌ・パウリスヴィック、フィリップ・ブラスバン
撮影:ヴィルジニー・サン=マルタン

★【キャスト】
フランソワ・ダミアン、セルジ・ロペス、ジャン・アムネッケル、アンヌ・パウリスヴィック、ザカリー・シャセリオ、チチョ・フルンボリ、パブロ・テグリ

【無料動画】

映画『タンゴ・リブレ 君を想う』予告編

映画『タンゴ・リブレ 君を想う』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月10日) 
タンゴなんて自分には関係ないし、絶対に面白くないな…と思っていたのですが、これがどうしたものか意外に発見の多い映画でした。タンゴとは、男性が女性を口説くために踊るダンス。特別な型はなく、自由に体を絡めて踊る、自由奔放で情熱的な感情表現。そんなやけに恥かしげもなく目的が明確化しているわけですが、このタンゴは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの港町から始まったそう。そんな歴史を知れたのも興味深いです。
DAILYMOTION (2016年1月11日) 
ベストな場面はあそこ。刑務所で男たちがタンゴを踊るシーンが好き。憂鬱が立ち込める刑務所内に音楽が流れ込むと閉鎖的な空間だからこそ一気に空気が変わって全く不思議な感覚に。こういう映画的なマジックは本当に見ていて楽しい。この映画をみてタンゴを習いたくなる気持ちもよくわかる。意外と男同士でばかりタンゴしてて、しかもそれが小汚い中年太りのおっさんだらけというのは、実際にリアルなのだろうか。だったら、ちょっとな…。
STREAMANGO (2016年1月19日) 
刑務所の看守がタンゴ教室で出会った女性に惹かれていくも、その女性は看守の妻だった。情熱的なタンゴのように真っ直ぐで熱い愛の物語がダイレクトに映し出される。ヒロインは情緒不安定で尻軽なのになぜか周りにいる男達は魅了されてしまう。普通な常識ではなんでこんな女性に、と思うわけですが、そんな小さい事はどうでもいいのかもしれない。タンゴは女性と踊ることが大事なのであって、そこに人を選別するような意志はきっとないのだろう。