海辺の生と死

動画『海辺の生と死』を無料視聴

戦時下の奄美で生まれた究極の恋の物語

原題:海辺の生と死
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年7月29日
上映時間:155分
製作会社:
配給:フルモテルモ、スローラーナー
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
極限まで追い詰められた夫婦の姿を描いて映画化もされた島尾敏雄の私小説「死の棘」に、敏雄の妻である島尾ミホの小説「海辺の生と死」や敏雄による短編小説「島の果て」などの内容を織り交ぜ、敏雄とミホをモデルとした男女が出会い、2人が結ばれるまでの時間を描くドラマ。第2次世界大戦末期の奄美群島・加計呂麻島。朔隊長率いる海軍特攻艇の部隊が島に駐屯することとなった。国民学校教師であるトエは、島の子どもたちからも慕われ、隊員たちとの酒盛りよりも島唄を習いたがる朔という男の姿を好意をもって見つめていた。ある日、トエは朔から「今夜9時頃浜辺に来て下さい」と記された一通の手紙を受け取る。その手紙にトエは胸の高鳴りを感じていた。

★【スタッフ】
監督:越川道夫(関連作品:『アレノ』)
脚本:越川道夫
撮影:槇憲治
音楽:宇波拓

★【キャスト(キャラクター)】
満島ひかり(大平トエ)、永山絢斗(朔中尉)、井之脇海(大坪)、秦瀬生良、蘇喜世司、川瀬陽太、津嘉山正種

【無料動画】

映画『海辺の生と死』予告篇

映画『海辺の生と死』予告篇

(C)2017島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年7月29日) 
満島ひかりが出演していると映画の評価がプラス50点くらい上がるような気がします。とにかく凄まじい女優です。今作もヌード含めかなりの迫真の演技でした。特に盛り上がるわけでも、あっと驚く場面もないため155分が長いのですが、彼女のパワーで持たせるだけの功績があったと思います。変に誇張したり脚色したりせずにそのままを描いているので、戦争作品としては異色なくらい平凡かもしれません。でも良い映画なのは確かではないでしょうか。
BILIBILI (2017年8月1日) 
「この世界の片隅に」が爆発的にヒットしたことで、戦争家族モノに脚光があたるのではないかと、映画関係者は期待しているかもしれない。しかし、あれはアニメだったから良かったもので、実写となると話は違う。絶対に世界観は生々しくなってしまうし、どんなに日常感を出そうにも戦争の闇が常に感じられる。一方で今作は予告の重々しさと比べて、本編はもっと多様な作品になっている。正直、予告のイメージでこの映画を観るべきではない。
PARAVI (2017年8月3日) 
実際でも恋人同士の満島ひかりと永山絢斗が戦時中の沖縄の部落を舞台に艶やかに描き出す。1つのシーン、セリフの間が長いことと、連絡手段が手紙だというアナログな点で、現代の東京で暮らす自分とは違うシンプルでゆっくりした時の流れを満喫できたと思う。加計呂麻には沢山の戦跡が残されているけれど、やっぱり今の穏やかな島からは想像出来ない。この映画を観てから現地をまた訪れるのも良いかもしれない。きっと印象は変わるはずだから。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)