時時巡りエブリデイ

動画『時時巡りエブリデイ』を無料視聴

「死神ターニャ」に続く新感覚エンタテインメント

原題:時時巡りエブリデイ
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年7月15日
上映時間:71分
製作会社:
配給:Grand Master Campany、為一
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
15分だけ時間が戻る不思議な力を手に入れた主人公の姿を描くファンタジーラブストーリー。毎日を無為に過ごしている美鳥に好きな人ができた。そのことを唯一の友人である広子に相談した美鳥は、あることをすると15分だけ時間が戻ることを発見。調子に乗った美鳥と広子は、無駄に時間を戻すことで、自分たちの欲望を満たそうとする。そして美鳥は時間が戻せる力を使って、好きな人に近づくが…。

★【スタッフ】
監督:塩出太志(関連作品:『死神ターニャ』)
脚本:塩出太志
撮影:岩川雪依

★【キャスト】
鳥居みゆき、仁後亜由美、松本高士、矢島康美、木嶋のりこ、小林タクシー、馬場泰光、ほりかわひろき

【無料動画】

特報「時時巡りエブリデイ」

特報「時時巡りエブリデイ」


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年8月1日) 
マルチな活動を展開して、実は映画も多数出演している鳥居みゆきの主演作は、テレビで見られる人物像のようにぶっとんだ姿ながら、可愛らしい一面も垣間見せる魅力の詰まった作品でした。あることをすれば15分だけ戻れる力を手に入れた女性の話で、SF要素がカギになるのですが、そこまで小難しくはありません。「時時巡りエブリデイ」というタイトルはどう読めばいいのかと思ったのですが、普通に読めばいいだけでした。ぜひ構えず観てください。
映画FUN (2017年8月5日) 
期待せずにみたら期待を大幅に上回る嬉しい誤算に小躍りしたくなるレベルの映画でした。ユルいけどツボるシーンが多く、鳥居みゆき好きなのでいつまででも観れる感じ。鳥居みゆき出演映画はキチってる役が多くバリバリはまっていますが、今作のように割と普通に演じている役柄も相当良い。何回でもみたくなる良作ではあるが、これはきっと2回目を観たらより好きになるの気がします。初回のインパクトが強いだけでということはないと思うので。
BILIBILI (2017年8月6日) 
いや~、事前に知ってたらクラウドファウンディングでDVDをゲットしたかった…。もっと告知してくれればなぁ。たぶんそうやって応援するチャンスを見逃している映画ってたくさんあるんだよな。日々、もっとどんな映画が企画されているのかチェックしないと。それで映画の方は、鳥居みゆきのフルパワー全開。ペンギンTシャツ+ライトブルージャージーがこれほど似合う地球人を私はほかに知らないし、おそらく唯一無二の極めし者ですよ。
PARAVI (2017年8月8日) 
SFとしての意外性はないです。それでも最後、こういう話にはありがちな終わり方なのですが、戻るのをやめようと決断するのがいいなと思った。何度も戻ってオーディションなど人生を修正しても、それは自分の実力じゃない。だから自分の人生を生きるために、戻るのをやめる。この決断は映画ではわりとさらりと描かれているが、けっこう考えさせられると思います。挿入歌が自作曲だったという、舞台挨拶での話にも驚きでびっくりです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)