それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!

動画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』を無料視聴

劇場版「アンパンマン」シリーズの29作目

原題:それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年7月1日
上映時間:62分
製作会社:
配給:東京テアトル
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」の劇場版29作目。原作者やなせたかしが残した名作絵本「やさしいライオン」の主人公をモデルとしたライオンの男の子のキャラクター、ブルブルが登場し、アンパンマンたちと一緒に冒険を繰り広げる。宝探し一族のライオンの男の子ブルブルは、一人前になるため、お父さんから渡された宝の地図を手に旅に出る。強がっているが本当はとても怖がりなブルブルを助けることになったアンパンマンたちだったが、そこへ宝を横取りしようと企むばいきんまんたちも現れる。

★【スタッフ】
監督:矢野博之
脚本:米村正二
音楽:いずみたく、近藤浩章

★【キャスト(キャラクター)】
戸田恵子(アンパンマン)、中尾隆聖(ばいきんまん)、増岡弘(ジャムおじさん)、佐久間レイ(バタコさん)、山寺宏一(めいけんチーズ)、鶴ひろみ(ドキンちゃん)、矢尾一樹(ホラーマン)、柳沢三千代(カレーパンマン)、島本須美(しょくぱんまん)、かないみか(メロンパンナ)、長沢美樹(クリームパンダ)、多部未華子、天野ひろゆき、ウド鈴木

【無料動画】

映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』予告編

映画『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』予告編

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2017


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2017年7月20日) 
「なんのために生まれて なにをして生きるのかこたえられないなんて そんなのはいやだ!」でおなじみの深い哲学を投げかけてくるアンパンマンソングを聞きながらの映画鑑賞。まさかこの歌詞がここまで深い意味なんて、夢中になって目を輝かせている子どもたちは後になって気づくのでしょうね。アンパンマンはいつの時代も子供たちのヒーローですが、今作では踊りや歌など、さながらライブコンサートのようなスタイル。こういうのもいいですね。
BILIBILI (2017年7月22日) 
安定してみることができるのは流石のアンパンマン。おそらく長年続いている数多くの劇場TVアニメのなかでも、突出して大きな変化のない作品だと思います。ただ今回はタイトルを「カレーパンマン」に変更してもいいのではというくらいの大活躍でした。もっとこのキャラのことを褒めてあげてもいいと思うのだけど。アンパンマンについては、今後10年、50年、100年たっても続いてほしい国民的アニメです。映画版も頑張ってほしいものです。
CRUNCHYROLL (2017年7月24日) 
映画館でもワイワイ応援しながら見れるのがアンパンマンの良いところ。家で観るにしてもみんなで賑やかに見る方がいいです。スーパーヒーローは誰もいないけど、気持ち次第でヒーローにはなれるという精神がアンパンマンの良さであり、そして一番の素晴らしさは助け合い。犠牲をいとわない姿勢です。なんでこんな素晴らしいアニメを日本人は子どもの頃に観ているのに、大人になったら犠牲どころか、他人を利用する奴になってしまうのでしょうか…。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)