PとJK

誰にも言えない秘密の関係

三次マキ原作の同名コミックを映画化した、警察官(P=POLICE)と女子高生(JK)による秘密の年の差結婚を描いたラブストーリー。警察官の功太は合コンで大学生のカコと出会い、2人は惹かれあう。しかし、大学生だと思っていたカコが実は女子高生だと知り、功太はカコを冷たくあしらう。互いの気持ちに気づきながら、警察官という立場から女子高生とは付き合えないと自制していた功太だったが、カコの一途な思いを知り、彼女と正々堂々と一緒にいられるようにと、カコへ「結婚しよう」とプロポーズをする。

原題:PとJK / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年3月25日 / 上映時間:124分 / 製作会社: / 配給:松竹

★【スタッフ】
監督:廣木隆一(関連作品:『夏美のホタル』)
脚本:吉川菜美
撮影:鍋島淳裕
音楽:大橋好規

★【キャスト】
亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾、江口のりこ、川瀬陽太、河井青葉、古谷佳也、高橋メアリージュン、瀬戸利樹

【無料動画】
https://youtube.com/watch?v=Kig8r48R4Qg
(C)2017「PとJK」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年4月11日) 
少女マンガにありがちな王道青春ラブストーリー。高校生とわかっていながらプロポーズなんて実際にしたら懲戒処分ものだというのはわかっている話で、今作ではそれをあえて架空で描く。そもそもそんなことにツッコミを入れてたらキリがないほどたくさん強引なシーンがあるわけで、制作者もそれを踏まえてのバランスのとったシナリオにしている。こんなの非現実的すぎる!という人はそもそもフィクション映画全般が向いていないと言わざるを得ない。
BILIBILI (2017年4月12日) 
ジャンルは恋愛ですが、意外なほどチャラチャラしていない。逆境に逆らってでも僕は君が好きだ!という感情ありきの映画でもなければ、お互い大好き!ラブラブ!というただのイチャイチャ映画でもありません。そういった極端な恋愛映画ではなく、どちらかと言えば警察官と女子高生という複雑な関係、違いすぎる相いれない立場、女子高生ならではの未熟さが影響し、ふたりが成長していく物語を、ちゃんと大人の目線で描いている真面目な一作です。
PARAVI (2017年4月14日) 
この映画は合コンで出会った女子高生と警察官の恋愛物語。警察側には落ち度はなく、女子高生のちょっとした背伸びが引き金となる。「こ゛め゛ん゛な゛さいぃ!!!」のシーンに代表される土屋太鳳ギャグは光っており、彼女でしか出せない勢いがあるし、亀梨和也特有の真面目そうででも何か問題を呼び寄せる感じを踏まえたキャスティングも上手い。長回し撮影も多く意外と巧みな撮り方をしており、どうせふざけた映画だと思っているとびっくりする。