君の膵臓をたべたい(実写映画)

動画『君の膵臓をたべたい』を無料視聴

ラスト、きっとこのタイトルに涙する

原題:君の膵臓をたべたい
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年7月28日
上映時間:115分
製作会社:東宝映画
配給:東宝
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出を回想していく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。

★【スタッフ】
監督:月川翔(関連作品:『君と100回目の恋』)
脚本:吉田智子
撮影:柳田裕男
音楽:松谷卓

★【キャスト(キャラクター)】
浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(僕)、大友花恋(恭子:学生時代)、矢本悠馬(一晴:ガム君)、桜田通(隆弘)、森下大地(栗山)、上地雄輔(宮田一晴:現在のガム君)、北川景子(恭子)、小栗旬(現在の僕)

【無料動画】

「君の膵臓をたべたい」予告

「君の膵臓をたべたい」予告

(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au

▼作品をより深く知る▼

★【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
7.5/10 ??% ??
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
4.1/5.0 4.06/5.00 3.8/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
74% 80点 78.4点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【インタビュー】
浜辺美波「こんなにたくさんの豪華な方々のなかで主演をやらせていただくなんて、最初の頃は緊張ばかりしていました。でも、いざ撮影が始まってしまうと、桜良を演じる苦悩の方が上回りました。もう精一杯で主演ということは頭から離れていきました。だからこそ演技に集中できましたし、夢中になれたんだと思います」

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年8月2日) 
ぼろぼろ泣いた。あの学校の図書館の独特な雰囲気が本当にいい。映画のキャッチコピーが「あなたは最後このタイトルに涙する」みたいものでしたが、わざとらしくて懐疑的でした。でも、原作本を読んでからタイトルの意味と重さがより深くわかった気がします。どんな人でも明日があるのは幸せなことだと実感するし、前向きになれます。
映画FUN (2017年8月6日) 
ハンニバル・レクターが言いそうなインパクトのあるタイトルですが、ホラー映画では当然ありません。コミュ障の主人公と余命一年の少女が織りなす恋愛ドラマ。難病をテーマにしたドラマは山ほど沢山あるが、病気そのものよりも今をいかに生きるべきかをテーマにしている。原作にはない大人になった主人公のパートが挿入され、恋人に取り残された孤独とどう向き合えばいいのか葛藤する様子も描かれ、味を増している。非常に良くできた良作です。
BILIBILI (2017年8月21日) 
桜良役の浜辺美波はセカチューの長澤まさみを思い起こさせる瑞々しい演技でした。これは今後飛躍していきそう。非常に抽象的な役柄ですが、上手くバランスをとっていましたね。恋愛映画という枠に収まらない、素敵な人間ドラマのなかで、彼女の魅力がキラキラと輝く、美しい作品です。主人公が不治の病というのはありがちな設定ですが、だからといって雑ではなく、作り手側も丁寧にマンネリを抑えるように意識しているのが感じられます。
OPENLOAD (2017年8月25日) 
末期の膵臓の病気の主人公と、地味な同級生が、運命なのか偶然なのか、ふとした縁で、残された僅かな日々を共に過ごし心を通い合わせる。不覚にも感動して涙出そうになってしまった。小説がとても好きで映画化されて見にいくとがっかりすることが多かったが、この映画は難しい設定、小説の書き方をうまく映像化していると感じた。映像化する上で多少の設定のズレやストーリーが変わっていても違和感なく最後まで見ることができると思います。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)