ハローグッバイ(2016)

動画『ハローグッバイ』を無料視聴

原題:ハローグッバイ
製作:日本(2016年)
日本公開日:2017年7月15日
上映時間:80分
製作会社:
配給:アンプラグド
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
若手女優の萩原みのりと久保田紗友がダブル主演し、同じクラスでも全く交わることのないタイプの異なる2人の女子高生が、ひとりのおばあさんとの出会いをきっかけに交流を持ち、ぶつかり合いながらも次第に認め合っていく姿を描いた青春映画。クラスの中で目立つ存在だが、元彼との間に子どもができてしまったのではないかと悩んでいた“はづき”と、「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親のために孤独を抱え、その寂しさを紛らわすために万引きに走っていた葵。2人は、ある認知症のおばあさんと知り合い、初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんのため、一緒に初恋の相手を探すことになる。

【スタッフ】
監督:菊地健雄(関連作品:『ディアーディアー』)
脚本:加藤綾子
撮影:佐々木靖之
音楽:渡辺シュンスケ

【キャスト】
萩原みのり、久保田紗友、渡辺シュンスケ、渡辺真起子、小笠原海、岡本夏美、松永ミチル、望月瑠菜、桐生コウジ

【動画】

映画 『ハローグッバイ』 (Hello, Goodbye) 予告編

映画 『ハローグッバイ』 (Hello, Goodbye) 予告編

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2017年8月2日) star_5
SNS、性の早熟化、ひとり暮らしの認知症など現代社会の特徴の一部を映しているいかにも現代的なセンスを感じるドラマ。これは単館で細々やるレベルの映画ではないと思う、というかそれじゃいけない。主演の子二人の演技が見事だし、何より醸し出すオーラが凄い。それだけで多くの人に見られるべきだし、この二人はもっと多くの人に見つかるべき。嫌らしい部分も隠さず、人物描写が非常に上手くて、ストーリーに特段目新しい事は無いが映画としてもほぼ文句はない。普段は交わらないスクールカーストの異なる女子高生2人が認知症のおばあちゃんとの出会いをキッカケに交流を深めてく話。80分と短い作品ながらも内容が凝縮されていて良かったです。さりげなさが強い脚本に、監督のクドさが入ったことで、すごく良い具合に、登場人物の感情の動きが表現されている感じがしました。
名無しさん(2017年8月9日) star_5
ベタな設定や展開ではあるが、それがとても愛おしく、ずっと観ていたいと感じられる丁寧な描写と1つ1つのシーンへの監督自身のこだわり。長い学生生活の中の1つの物語が、80分に凝縮され、その1つの物語から現代で普通ではない状況の高校生を軸に、高校生の多面的な人柄と性格、独特の人間関係、そこから心を開けない様、会話や対話を積み重ねることで、心が徐々に開け、お互いが受け入れ合って友達になるまで、を緻密に上手に描き切っている。ハローグッバイ。タイトルの意味が最後にわかり、色んな想いが込み上げてくる。さらに、最後に自分を受け入れることで、自分の罪を受け止める姿と他人の目から逃げない葵が印象的だった。人にフォーカスした描写がとても繊細で丁寧。お金をかけずに、派手な展開はないが、心に残る。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする