ディスコード DISCORD

この家の恐怖をまだ知らない

原題:The Pact
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2012年12月(DVDスルー)
上映時間:89分
製作会社:
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
インディペンデント作品ながら大ヒットした、新鋭ニコラス・マッカーシー監督による底知れぬ恐怖を描く新感覚ホーンテッドハウスホラー。異常なまでに神経質な性格のアニーの母は、幼いアニーと姉を過剰なほどの厳しい躾と折檻で自分のもとに縛り付けようとしていた。姉はそんな母に抗うようにして非行を重ね、アニーは一人立ちできる年齢になると静かに家を飛び出した。それ以来、母と絶縁状態にあったアニーだったが、突然の母の死をきっかけに再び故郷の土を踏むことに。そして数年ぶりに訪れた生家で、アニーは思いもよらない事態に直面する。生家で母の遺品を整理していたはずの姉が、すべての荷物を残したまま忽然と姿を消してしまったのだ。やがて姉の行方もわからぬまま母の葬儀を終えたアニーは、その夜自らの生まれ育った家で、身も凍るような恐怖の一夜を体験する。それは、彼女の〈家〉と〈家族〉をめぐる忌まわしい物語の幕開けだった…。

★【スタッフ】
監督:ニコラス・マッカーシー
脚本:ニコラス・マッカーシー
撮影:ブリジャー・ニールソン
音楽:ローネン・ランダ

★【キャスト】
ケイティ・ロッツ、キャスリーン・ローズ・パーキンス、ヘイリー・ハドソン、サム・ボール、マーク・スティガー、アグネス・ブルックナー、キャスパー・ヴァン・ディーン

【無料動画】

ディスコード(予告編)

ディスコード(予告編)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video
VOD8【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2013年1月7日) 
粗さが目立つことは重々承知だが、それでもヒットする理由がわかるぐらい勢いの良さがあるホラーでした。序盤はありきたりなポルターガイストを中心とした作品なのかと落胆しつつ、ところがだんだん毛色が変わってきて、グッと深みが増すつくりでした。怖い演出はあるものの、常に一定の抑えが効いている演出で決してチープに意味もなく驚かせようとはしていないのもよい。あくまで心理的ドラマがメインなので、そういうのが好きな方はぜひ。
映画フリー (2013年4月26日) 
これ単体ではスッキリしない構成で、エンディングでもモヤモヤ感が残ります。謎もかなりたくさん残ったままで、これはいったいどういうこと?状態。そこを想像して楽しむのが本作の売りだと思えばそれまでなのですが、気になる人は心にしこりが残るでしょう。でも、この映画が続編があるのですよね。続きとなるストーリーの『ディスコード/ジ・アフター』ではさらに話が踏み込んで語られるので、そちらとセットで鑑賞するのがおすすめです。
OPENLOAD (2013年7月18日) 
ヒロインがギャーギャーと騒がしく喚かないので落ち着いて見れる。でも、そことなくセクシーさが前面に出ているのは謎。それよりもストーリーがユニーク。前半はゴーストモノらしい展開から、ミステリーに変わって行く作りが観ていて新鮮。あまり過剰な演出もなく一つ一つ丁寧にラストにたどり着くのも嬉しい。演出もよくて、暗く狭い廊下と折檻用の押入れにカメラがズーッと寄ってく逃げ場のない薄気味悪さなど、雰囲気づくりが最高。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)