ソフィーの選択

人生に秘められた哀しみの選択

原題:Sophie’s Choice
製作:アメリカ(1982年)
日本公開日:1983年10月15日
上映時間:151分
製作会社:ITC Entertainment
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
製作費:
興行収入:

★【評価】
79% Rotten Tomatoes

第55回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。

★【あらすじ】
第2次大戦後のニューヨークを舞台に、作家志望の青年の目を通して、アウシュビッツから生き延びたポーランド人女性ソフィーとユダヤ人の恋人の過酷な愛を描く感動ドラマ。ニューヨークへやってきた駆け出しの作家、スティンゴはソフィーとネイサンに出会う。ソフィーはナチの強制収容所から逃げ延びた後、アメリカで出会ったネイサンと共に暮らし始めた。やがて三人は親しくなり、幸福な関係を築くかに見えたが…。

★【スタッフ】
監督:アラン・J・パクラ
脚本:アラン・J・パクラ
撮影:ネストール・アルメンドロス
音楽:マービン・ハムリッシュ

★【キャスト】
メリル・ストリープ、ケヴィン・クライン、ピーター・マクニコル、リタ・カリン、スティーヴン・D・ニューマン、ジョシュ・モステル、ジョセフ・ソマー、グレタ・ターケン、ロビン・バートレット、ジョン・ロスマン、デヴィッド・ウォール

【無料動画】

Sophie's Choice Official Trailer #1 – Meryl Streep, Kevin Kline Movie (1982) HD

Sophie's Choice Official Trailer #1 - Meryl Streep, Kevin Kline Movie (1982) HD


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月18日) 
見事な結末。この映画タイトルの意味はラストシーンで衝撃的に判明するのですが、非常に凝ったつくりで思わず見入ってしまいました。ホロコーストで人生を流されるままに翻弄されてきたソフィー。精神を病んで瞬間にきらめきを見せるが振り幅がとにかく激しいネイサン。二人の選択はやむを得ないのか、それとも運命なのか。それは誰にも分りません。ただ、選ぶということは人間の権利であって、尊いものだということは伝わってきたと思います。
DAILYMOTION (2016年1月23日) 
青年時代の回想モノの体裁を取りながら、人間の尊厳を問う非常に重たい一作。回想なので信頼できない語り部といえるかもしれない。しかし、この映画は真実を重視するものではないのでそこは気にならない。むしろ精神的な疑問を投げかける作品になっている。ネイサンと出会ってからも小説や詩に親しみ、生への執着を見せるが、一方でネイサンとの倒錯した恋人関係は死を連想させる。つまり、最初から二つの側面で揺れ動いていたのだろう。
STREAMANGO (2016年4月30日) 
ナチスのホロコースト系としては、派手な演出一切無しに迫っていくストレートな作品ではないでしょうか。まだ若かりし頃のメリル・ストリープがオスカーを獲得した映画としても有名で、彼女のこの時点から持つ恐ろしいまでの女優力が全開で発揮されてもいました。中盤から一気に緊張が増し、自分の本心の贖罪とも取れるラストでガツンと頭をやられる、凄い体験をさせてもらいました。あとはもうネタバレなしに、一気に鑑賞してほしいです。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)