スポックのために

動画『スポックのために』を無料視聴

原題:For The Love of Spock
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2016年(Netflix配信)
上映時間:111分
製作会社:455 Films
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 For the Love of Spock
(2016) on IMDb
100% Rotten Tomatoes – For The Love of Spock

【あらすじ】
名作「スター・トレック」シリーズで、50年にも渡りスポックを演じたレナード・ニモイ。その知られざる素顔を映画監督となった実の息子が描き出すドキュメンタリー。レナードが慢性閉塞性肺疾患によって2015年2月に死去する前から企画されたというこの作品で語られるものは…。

【スタッフ】
監督:アダム・ニモイ

【キャスト】

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【Netflix

【感想・批評】

名無しさん(2017年9月27日) star_5
レナード・ニモイの生涯を、息子である監督の視点も交えつつ作られたドキュメンタリー。スポックの誕生やその人気についての解説が面白い。ただの面白宇宙人だから人気が出たのではなく、異文化出身であり、人間とバルタン人の間の子供だという設定が、人種差別やゲイ差別などで苦しむ子供達の拠り所となったという指摘。息子である監督の、父との確執や距離感なども交えた、一人の父親としての側面も描き出す。バーニングマンでの追悼場面が、これまでみたどの映画のお別れシーンよりも感動的だった。ドキュメンタリーで劇映画を越える感動が生み出せるなんて思いもしなかった。
名無しさん(2017年9月30日) star_5
スポック役を長年演じたレナードニモイ氏のドキュメンタリー映画。リブート作品を観ていても原作へのリスペクトを非常に感じるが、特にスポックの扱いは特別と言ってもいい。1、2作目でもニモイ氏がスポック役で出演しているが、特にニモイ氏が亡くなったのちの3作目で、事故死で亡くなったアントン氏と共に追悼文が捧げられ、ファンサービスとも言えるような演出がされていたことが印象的だった。そんなことを思い出しながら観ていたのだが、スタートレックの中でも、スポックというキャラクターがなぜこんなにも熱狂的なファンを生み出し、人々に愛されるのか、というのが端々から伝わってきた。スポック役に対する並ならぬ思いをとても感じ、月並みではあるが、ますますスタートレックが好きになった。