ミニマリズム:本当に大切なもの

動画『ミニマリズム:本当に大切なもの』を無料視聴

原題:Minimalism: A Documentary About the Important Things
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2016年(Netflix配信)
上映時間:79分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
 Minimalism: A Documentary About the Important Things
(2015) on IMDb
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
日本でも話題となったミニマリストに関するドキュメンタリー。物質的な豊かさが幸せをもたらすというアメリカ的考え方を拒否し、シンプルな暮らしを実践するミニマリスト。真に大切なものとは何なのか…。

【スタッフ】
監督:マット・ダベラ

【キャスト】

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
Video3【Netflix

【感想・批評】

名無しさん(2017年9月23日) star_5
当たり前のように暮らしてしまってるけど、自分の生き方について自分とよく向き合うべき。何が好きで、何を幸せと感じるか、どう居たいか、過去をどう認めて、この先どうありたいか、納得して生きていける人になる為にヒントをくれるような話。日本でミニマリストというと、仙人的な感じというか、物が無いということを極めたの?みたいな所に注目される感じがあって、それって消費することが目的の人とベクトルが違うだけで同じものだと思っていたので、今回のドキュメンタリーは心の在り方みたいなものを訴えるもので、共感するものは大きかった。これが人生の役に立つからという理由を重ねて消費していくと、本当に自分が楽しいと思っていたものは見えなくなる。消費することの物差しを世間ではなく自分自身の中に持つことが大事だと改めて思った。
名無しさん(2017年9月29日) star_5
ミニマリズム。最近周りにハマっている人が多い。宗教のようにも見えるし、ファッションとして捉えている人もいると思う。ミニマリストはアンチ資本主義者ではない。全ての所持品を捨て自給自足する仙人でもない。ただ、買うことが自己目的化した消費のスタイルを改め、シンプルに本当に必要なものだけ買って生きようという思想。映画としては、基本的にミニマリストのインタビューで構成されている。紹介される彼らと同じような生活はとてもできないが、彼らようなライフスタイル、考え方もあるということを覚えておきたい。