ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女

動画『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』を無料視聴

時代に翻弄されたひとりの女

原題:The Last Princess
製作:韓国(2016年)
日本公開日:2017年6月24日
上映時間:127分
製作会社:
配給:ハーク
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
実在した大韓帝国最後の皇女・徳恵(トッケ)翁主の激動の生涯をフィクションを交えて描いたスペクタクルドラマ。日本統治時代、大韓帝国の初代皇帝・高宗の娘である徳恵翁主は、政略に巻き込まれ、わずか13歳で日本へ留学させられてしまう。祖国へ帰ることを心待ちにしながら大人になってしまった彼女の前に幼なじみであるジャンハンが現れる。ジャンハンは大日本帝国に従事する一方で、徳恵と彼女の兄である皇太子の上海への亡命計画を秘密裏に練っていたが…。

【スタッフ】
監督:ホ・ジノ
脚本:ホ・ジノ、チェ・グノ、ソ・ユミン、イ・ハノル、キム・ヒョンジュン
撮影:イ・テユン
音楽:チェ・ヨンナク

【キャスト】
ソン・イェジン、パク・ヘイル、ユン・ジェムン、ペク・ユンシク、パク・チュミ、ラ・ミラン、パク・スヨン

【動画】

ソン・イェジン主演!映画『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』予告編

ソン・イェジン主演!映画『ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女』予告編

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2017年7月6日) star_5
映画の最初に、この作品はフィクションだと明示されます。でも、一応歴史をベースにしたうえで物語が構成されています。昔の日本と韓国の関係を描いた作品。韓国併合やらなんやらで、完璧に日本に支配されつつある韓国。最後の皇女である主人公は、ほぼ強制的に日本に連れてこられます。どうにかして祖国に帰りたい主人公ですが、長い間祖国に帰してもらえず、それどころかもう二度と祖国へ帰れないとも言われました。日本とアメリカの戦争で日本が負けて、ようやく祖国へ帰れると思っても、韓国からも入国を拒否されることに。日本にも、祖国にも見捨てられた大韓帝国最後の皇女の運命の物語です。トークショーで監督が「日本で公開出来るかどうかわからなかった。」とおっしゃっていましたが…確かに。日本人として見てしまうと、耐えられない人も居るかもしれない描かれ方ですが、「あくまでも歴史に翻弄された一人の女性の悲劇と、彼女を守ろうとした人々の物語。」と強調されていました。
名無しさん(2017年7月11日) star_5
李氏朝鮮国王・大韓帝国皇帝高宗の王女:徳恵翁主の歴史に翻弄された波乱の人生を虚実取り混ぜて描いた作品で、日韓併合(1920年)から日韓の国交正常化(1965年)までの複雑な日韓の国家関係を韓国人側の視点で見せてゆきます。歴史上の著名人物を主役にしながら映画の冒頭に“この物語はフィクションです”と提示されるという稀有な作品で、それほど事実と映画では異なった部分が多い半仮想映画となっています。韓国側から見た日韓併合の歴史を架空の活劇サスペンスで味付けして見せる歴史人間ドラマで、着物、洋装、韓国服の印象の違いも見比べると興味深いです。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする