ディストピア パンドラの少女

動画『ディストピア パンドラの少女』を無料視聴

この少女は危険者か、それとも救世主か

原題:The Girl with All the Gifts
製作:イギリス・アメリカ(2016年)
日本公開日:2017年7月1日
上映時間:111分
製作会社:Altitude Film Sales
配給:
製作費:500万ドル
興行収入:

【あらすじ】
M・R・ケアリーのベストセラー小説「パンドラの少女」を著者自身による脚本で実写映画化したSFスリラー。近未来、ウィルスのパンデミックによってほとんどの人類が凶暴な「ハングリーズ」と化し、生き残ったわずかな人々は壁に囲まれた安全が確保された基地内で暮らしていた。そのなかでもイングランドの田舎町にある軍事施設には、ウィルスに感染しても見た目が変わらず思考能力も保ち続ける「セカンドチルドレン」たちが収容され、彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われている。ある日、その子どもたちの中に特別な知能を持つメラニーという名の少女が出現し、事態が動き出す。

【スタッフ】
監督:コーム・マッカーシー
脚本:マイク・ケアリー
撮影:サイモン・デニス
音楽:クリストバル・タピア・デ・ビール

【キャスト】
ジェマ・アータートン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズ、セニア・ナニュア

【動画】


▼動画リンク▼

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
XMovies8


▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
6.7/10 84% 67
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
3.3/5.0 3.32/5.00 3.4/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
81% 73点 71.6点
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年8月4日) star_5
ゾンビ映画に新たな傑作が!と個人的には手放しで称賛してしまったのが本作。ロメロ型のゾンビ映画はどちらかと言えば社会風刺。ゾンビはその時代の恐怖のメタファーだった。しかし、本作は全く新しい役割をゾンビに与えたのである。これは画期的ではないか。単に恐怖の象徴として怖がっているだけではダメというメッセージ。その背景にあるのはやはり現代の社会情勢。テロに怯える社会で、悪を消し飛ばす発想は時代遅れだし、未来は作れないのだ。
SPACEMOV (2017年8月6日) star_5
新鮮で後にも先にもない唯一無二のゾンビ映画のように思いました。序盤の拘束された子供達の一人がこの物語の主人公で、彼女の行動や発言がこの映画の最大の魅力の一つ。人間として生まれてこれなかった自身の境遇に「苦しみ」も生まれたが、他にもゾンビに怯えない彼女だからこその考えも生まれてきた。ラストは人類の社会を発展させるために欠かせないことをしているシーンとなる。きっとその先に待つのはディストピアではないだろう。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。