敵こそ、我が友 戦犯クラウス・バルビーの3つの人生

動画『敵こそ、我が友 戦犯クラウス・バルビーの3つの人生』を無料視聴

原題:Mon Meilleur Ennemi
製作:フランス(2007年)
日本公開日:2008年7月26日
上映時間:90分
製作会社:
配給:バップ、ロングライド
製作費:
興行収入:

3つの人生を生きた男の数奇な運命を検証することで戦後史の裏側を照らし出したドキュメンタリー。ナチス・ドイツ親衛隊に所属して”リヨンの虐殺者”の異名で恐れられたクラウス・バルビー。しかし彼はその後も戦犯として裁かれることなく、アメリカ陸軍情報部のために対ソ連のスパイ活動を行ったエージェント・バルビーとして、続いて南米ボリビアで軍事独裁政権の誕生に関わったクラウス・アルトマンとして、歴史の影で暗躍を続けた。

★【スタッフ】
監督:ケビン・マクドナルド
音楽:アレックス・ヘッフェス

★【キャスト】

【無料動画】

『敵こそ、我が友~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~』予告編

『敵こそ、我が友~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2016年1月13日) 
啓発的な作品です。私はナチスの戦争犯罪者の雇用と保護に関する米国の政策の専門家ではありませんが、私の敵の象徴は、私が「リヨンの虐殺者」の募集について知らなかったことを教えてくれませんでした。私の国がそんなに国際的な場で軽蔑されているのかどうか分からないアメリカ人には、欲望と反共主義的熱情から生まれた間違った方向の決定を忌み嫌うもう一つの告発があります。彼は自分がナチス・ライヒを新しい指導者として復活させるビジョンを持ちながら、それが便利だったときには、次の秩序の防衛だけを使用した。
海外組みさん(2016年3月11日) 
フランスのドイツ占領中にリヨンでユダヤ人とフランスの抵抗運動の執行を命じたフランス人が、リヨンの虐殺者として彼を与えた悪名高いモニカの下で、バービーは知られていた。彼はまた、フランスの抵抗指導者ジーン・ムーランの執行に個人的に関与していると言われました。第二次世界大戦後、バービーはボリビアに逃げて、クラウス・アルトマンの名前で住み、南アメリカのアンデスに第四帝国を建設することを夢見ていた。バービーがチェ・ゲバラの死を導く努力を指示したことが示唆されている。