ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

動画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』を無料視聴

原題:ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
製作:日本・台湾(2016年)
日本公開日:2017年5月27日
上映時間:94分
製作会社:
配給:朝日新聞社、アティカス
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
Facebookでの出会いを通じて国際結婚した日本人男性と台湾人女性の実話を映画化。原作は、2人の遠距離恋愛や結婚生活をつづり、32万人以上のファンを持つFacebookページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」をブログにまとめ、後に書籍化した「ママは日本へ嫁に言っちゃダメと言うけれど。」。日本のドラマやアニメが大好きで、大学では日本語を専攻している台湾の女性リン。ある日、彼女のFacebookに、モギという名の日本人青年からメッセージが届く。モギは、震災の復興支援で日本に友好的な台湾に興味を抱き、まだ見ぬリンにメッセージを送っていた。これをきっかけにFacebook上で交流を始めた2人の仲は、急速に縮まっていく。

【スタッフ】
監督:谷内田彰久
脚本:野村伸一
音楽:常田大希

【キャスト】
ジエン・マンシュー、中野裕太、ワン・サイファー、蛭子能収、リン・メイシュー

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2017年6月14日) star_5
国際交際結婚までの過程を描いたお話。大学で日本語を専攻する台湾の女の子と草食系?日本人男性がフェイスブックを通して出会い、交流を深めていきます。時間が短いので物語はかなりスピーディーに展開。お互いが惹かれていく様子は言葉より音楽で表現されているけど、分かりやすくて見やすい。途中一回会っただけのリンちゃんが元カレの話をFacebookに上げてるからって、連絡無視するモギさんの重さには?ですが、それはご愛敬で笑。最後のオチまで面白かったです。リンちゃんの天真爛漫さが溢れる表情とカタコト日本語が可愛すぎ。中野裕太さんは新宿スワンの胸糞役以来でしたが、今回は優しい役で良かったです。えびすさんとリンちゃんのお母さんも良かったです。
名無しさん(2017年6月15日) star_5
リンちゃんの可愛らしさは抜群!登場人物も皆個性的で、台湾の人の暖かく人懐こい気質がよく描かれていて気持ちが温かくなりました。そして私は茂木さんにも共感するところも沢山!SNSでの会話シーンがテンポよく、観光の風景が実に自然で、一部ロードムービーのような感じもありました。全体の中で緩急の変化が楽しめます。台湾女優が演じる明るく透明感あるヒロインの魅力が軽妙なラブストーリー展開に華を添えて、あっという間の100分。この二人の世界、微笑ましくて羨ましいかぎり。恋愛って素晴らしいねって感じますね。音楽がよくて、綺麗な映像でほんと素敵な映画でした。「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」はかなり幅広い人にお勧めできる映画です。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。