ソード・アイデンティティー

動画『ソード・アイデンティティー』を無料視聴

原題:The Sword Identity
製作:中国(2011年)
日本公開日:2012年3月9日
上映時間:110分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
『グランド・マスター』の脚本と武術顧問を務めたシュ・ハオフォン監督による武侠アクション。1604年、明代中国のとある街。この地を治めているのは、高度な武術の伝統を、それぞれの武器と型で守る名門四家。ここで新たな流派を開こうとする者は、四大道場に闘いを挑み全てに勝利しなければならない。ある日、この街に異様な長刀を携えた剣士2人が現れ、一瞬にして道場の剣士たちを倒してしまう。2人はこの新たな長刀を使った究極の剣術道場を開くつもりだった。しかし彼らを受け入れたくない道場主たちは、その長刀を日本刀だと言い張り、二人を倭寇だと決めつけ、弓矢の大部隊に追わせる…。

★【スタッフ】
監督:シュ・ハオフォン
脚本:シュ・ハオフォン
撮影:シャ・ジンチェン、メン・シャオキン
音楽:チャン・ヤン

★【キャスト】
ユエ・チェンウェイ、ソン・ヤン、チャオ・ユエン・ユエン、マー・チュン

【無料動画】

Official THE SWORD IDENTITY Trailer – 2012

Official THE SWORD IDENTITY Trailer - 2012


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2012年5月6日) 
あなたが武術のファンタジーアクションを探しているなら、これはあなたのための映画ではありません。実際、この映画は、国際的な視聴者やそのような大衆のためのものではありませんでした。しかし、芸術的かつ哲学的な映画としては非常に優れています。言及された批評家の不条理でコミカルな動きは、人々が完全に不可能な偉業をしているところで言及された上記の映画と比較して、実際にはほとんど現実的である。あなたがそれを掘り起こすことができれば、注意を払って気づかずに残っていれば、物語の意味と美しさを見失うことのない小さな言葉のような細部を気に入っている映画仲間のタイプなら、これはあなたが見逃したくないもの。ストーリーそのものもポイントではなく、ただの車です。それは、歴史的な中国の哲学に対する知識と感謝の意を抱いた観客がこれをもっと楽しむかもしれないということです。
海外さん(2012年5月17日) 
「ソード・アイデンティティー」はあなたの典型的な武道の映画ではないので、あなたがそれを探しているならあなたはおそらく失望するでしょう。これは伝統と革新の話です。演出スタイルは創造的であり、時には劇場演劇を思い出させ、他の時代に逆説的なコメディを注入する。戦いのいくつかは、あなたが見ているもののほとんどがブレードや足である他のものには、図示されていない、直感的です。価値があります。私はあなたが武道を学んだことがないならば、この映画の多くの武道は笑っているように見えると思います。この映画は武道の叙事詩ではありませんでしたが、プロットは新しい剣戦闘学校の創設の周りを回っていました。アクションのためにこの映画を見ないでください。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)