ミケランジェロの暗号

ナチスとの絵をめぐるサスペンス

原題:Mein Bester Feind
製作:オーストリア(2010年)
日本公開日:2011年9月10日
上映時間:106分
製作会社:
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

第二次大戦下のウィーンを舞台に、ミケランジェロが描いた一枚の絵を巡って、ナチスを相手に命を懸けたユダヤ人画商一家の運命を描いたサスペンス・ミステリー。第2次大戦下のオーストリア。ユダヤ人の画商一族カウフマン家は、所有していたミケランジェロの絵をナチスに奪われ、収容所に送られてしまう。ナチスは奪った絵をイタリアとの交渉材料にしようとするが、がん作であることが判明。そして、本物を隠した一家の父はすでに収容所で死亡していた。父から謎のメッセージを受け取っていた息子のビクトルは、母の命を救うためナチス相手に危険な取引に出る。

★【スタッフ】
監督:ウォルフガング・ムルンバーガー
脚本:ポール・ヘンゲ
音楽:マシアス・ウェバー

★【キャスト】
モーリッツ・ブライブトロイ、ゲオルク・フリードリヒ、ウルズラ・シュトラウス、マルト・ケラー、ウド・ザメル、ウーベ・ボーム、メラーブ・ニニッゼ、ライナー・ボック、カール・フィッシャー、クリストフ・ルーザー、セルゲ・ファルク

【無料動画】

映画『ミケランジェロの暗号』予告編

映画『ミケランジェロの暗号』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年9月10日) 
本物のミケランジェロはどこへ行ってしまったのか。イタリアとの同盟のためにその絵の行方を必死に追うドイツ軍。予想を裏切る展開で思わずこれは拾い物だと大拍手。シリアスな題材をコミカルに鮮やかに「逆転」させていく後半は痛快だし、通信室前の廊下を生かしたサスペンスの描出も見事で、なかなかの作り手の実力が窺える。最終的なオチはネタバレになるので絶対に言えないにしても、やってくれたなという感じでテンションが上がった。
OPENLOAD (2016年9月11日) 
ナチスが政治利用したい一枚の絵画をめぐって、ユダヤ人画商の息子とその使用人の子の間に生じる愛憎劇をコメディタッチで描いた意外とライトな雰囲気もある作品。イタリアで盗難にあったミケランジェロのデッサン画がキーアイテムなので付けられた邦題のようだけど、原題の意味は「最大のライバル」で、まさにそのとおりの構成になっていく。邦題では珍しく「ヒトラー」や「ナチス」の文字を入れなかったのは偉いけど、普通になったかも。
DAILYMOTION (2016年9月12日) 
親友だった2人が、戦争によって立場が一転。時代があれだけに悲惨な歴史ものかと思うが、わりとそこは大丈夫。バレそうでバレないハラハラ感が随所に散りばめられて楽しめ、純粋なサスペンスとして気軽に鑑賞すれば良いと思う。娯楽性が強い中にも、アーリア人とユダヤ人に与えられた生き方の選択肢が、とても脆弱であることなど、歴史や人種問題の片鱗を感じさせる要素もあるので決して雑なわけではない。時代を見つめるうえでも良い映画です。