ドッグ・イート・ドッグ

賛否両論を巻き起こしたハード・サスペンス

原題:Dog Eat Dog
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2017年6月17日
上映時間:93分
製作会社:Blue Budgie Films
配給:プレシディオ
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
エドワード・バンカーの同名ハードボイルド小説を実写映画化したニコラス・ケイジ主演のクライムサスペンス。長年の刑期を終えて出所したトロイは、刑務所仲間だったコカイン中毒のマッド・ドッグや巨漢の取り立て屋ディーゼルと再会する。3人はどん底の人生から這い上がるべく、地元ギャングのボスから75万ドルの報酬が手に入る仕事を引き受ける。それは借金を返さない男の赤ん坊を誘拐するという単純な仕事だったが、事態は思わぬ方向へと転がり、3人は追われる身となってしまう。

【スタッフ】
監督:ポール・シュレイダー
脚本:マシュー・ワイルダー
撮影:アレクサンダー・ディナン
音楽:ダニエル・パークス

【キャスト】
ニコラス・ケイジ、ウィレム・デフォー、クリストファー・マシュー・クック、ルイーザ・クラウゼ、オマー・J・ドージー、レイ・ガイエゴス、チェルシー・メルトン

【動画】

『ドッグ・イート・ドッグ』予告

『ドッグ・イート・ドッグ』予告

(C)2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【評価】

IMDb Rotten Tomatoes Metacritic
4.6/10 47% 53
映画.com Yahoo! 映画 Filmarks
2.4/5.0 2.40/5.00 3.0/5.0
coco映画レビュー ぴあ映画生活   KINENOTE  
??% ??点 ??点
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

【感想・批評】

無料ホームシアター(2017年7月10日) star_5
ニコラス・ケイジの渋い顔がトレードマークのこの映画、なかなかの上級者向け。その作風は一言で言えばクレイジー。人がガンガン死んでいくことはあっても、それをユーモアに変えるみたいな子ども騙しはゼロ。これぞハード一筋にブレない硬派な一作である。時代に乗り遅れたポンコツジジイが右往左往する映画を楽しめるのは、やはり急速に進むエンタメ映画の時代に乗れない私のようなおいぼれだけ。それでもいいのだと宣言する作品でした。
DAILYMOTION (2017年7月11日) star_5
オシャレな娯楽作ばかりを見ているマイルド化しているお子様にはこのハードボイルドはまだ早い。監督は「タクシードライバー」「レイジングブル」などの脚本を努めたポール・シュレイダーで、まさに渋さ全開のピンポイントな需要を狙った作品だった。映画のタイトルの意味としては「共食い」とか「同業者同士の潰し合い」みたいなともかく陰惨なイメージを連想する。そのとおりで、観客さえも巻き込んで喰らいちぎる勢いはすさまじい。
STREAMANGO (2017年7月12日) star_5
ニコラス・ケイジ&ウィレム・デフォーという人を殺してそうな顔の二大俳優が揃えば完璧。宿命的かつ停滞気味な締まりのない転落劇に脳内トリップできる人は恍惚とする。美男美女はもうコリゴリ、完全にブッ飛んだオヤジを鑑賞したいという人は真っ先のこの映画をウォッチすべき。フリーすぎるその生きざまに快楽を見出して、孤立感さえ吹き飛ぶ。今でもこうしたジャンクフードのような映画を撮っている監督のこだわりに感謝したい。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする