タイタニック2012

悲劇は再び繰り返す

原題:Titanic II
製作:アメリカ(2010年)
日本公開日:2011年4月(DVDスルー)
上映時間:86分
製作会社:The Asylum
配給:
製作費:
興行収入:

★【あらすじ】
氷河崩落&大津波による未曾有の自然災害に再び巻き込まれるタイタニック号の悲劇を描いたディザスター・パニック。タイタニック号沈没から100年後の2012年。悲劇が起きた同じ日に、タイタニック2号と名付けられた豪華客船が大西洋へと旅立った。設計士のヘイデンが、パーティーの席で悲運の歴史を塗り替える偉大なる航海を称え、この偉業に沸いた船員などで船内は大きく盛り上がりをみせていた。その頃、カナダ北部で巨大な氷河の崩落が観測される。その影響で史上最大の大津波が巨大な氷塊と共に大西洋に向かっていた。それはかつて起きた惨劇と同じ未来を予感させるものであり、船は未曽有の危機を迎えようとしていた。救援も来ないような極寒の海原で、あの最悪の悲劇は再び繰り返されるのか…。

★【スタッフ】
監督:シェーン・ヴァン・ダイク
脚本:シェーン・ヴァン・ダイク
撮影:アレクサンダー・イェレン

★【キャスト】
シェーン・ヴァン・ダイク、マリー・ウェストブルック、ブルース・デイヴィソン、ブルック・バーンズ、ケアリー・ヴァン・ダイク

【無料動画】

『タイタニック2012』 予告編

『タイタニック2012』 予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月12日) 
どこからツッコもうかな。もう隙だらけだからこっちもいろいろと楽しんじゃいました。まずあれですね、どういう判断だよ。いや、仮にタイタニックの悲劇を乗り越えるという意気込みは良しとして、なんだこの無能さ。危機管理能力がタイタニック以前よりも低い。2012年に何を成長して、学んだのか。そして、デカイの船の割には客が全然乗ってない。やっぱり乗りたいという人はいなかったのかもしれないけど。もはや罰ゲームに近い船でした。
DAILYMOTION (2016年2月16日) 
最初から最低だったハードルを、見事に潜り抜けていくこの泥船。一度でいいから鑑賞してほしい。この映画を観ると映画館で公開している作品は全て名作に見えてくるので。もう船というか、船の形をした綿菓子だと思った方がいい。そして、乗員も脳みそが綿あめでできている。これならまだ虫の方がマシに働いて、良い船を作る。迷作として映画史に名を残すこともなく静かに水没して戴きたい。そして2度とこの航海が行われないことを祈る。
SHAREVIDEOS (2016年2月18日) 
なんだよ、2号って。そんなアホな設定を考えるなんて、B級映画らしいなと思ったのですが、信じられないことに本当にそんな計画があるらしい。タイタニック2号建造計画。オーストラリアの資産家がプロジェクトをはじめ、設計はフィンランド。建造は中国らしい。もう絶対に水没する未来しか見えない。どうやら現実は映画以上に狂っているようだ。この作品を見ることで、自分たち人間がどんなに醜いか理解できるなら役に立つ映画だろう。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)