すんドめNew2

動画『すんドめNew2』を無料視聴

意外な美少女も参戦!

原題:すんドめNew2
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年4月24日
上映時間:
製作会社:
配給:日本出版販売
製作費:
興行収入:
前作:『すんドめNew

★【あらすじ】
岡田和人の漫画「すんドめ」を、新たに映画化した青春エロティックコメディ「すんドめNew」の第2作。2007~09年に4作が製作された鈴木茜主演版と、15年に2作が製作された鎌田紘子主演版からキャストを一新。いまや学校の人気者になった早華胡桃に対し、かつて学園内の人気を集めていたチアリーダー部の桃香が露骨な罠を仕掛けてくる。生徒会長とズブズブの関係を築き、胡桃を校内で孤立させようと虎視眈々と企む桃香に対し、浪漫倶楽部は怪奇百物語で勝負をつけることになるが…。

★【スタッフ】
監督:横山一洋
脚本:友池一彦
撮影:山崎肇

★【キャスト】
小田島渚、川合諒、小澤らいむ、松嶋えいみ、小倉優香、帆春、星乃まおり、トクダタクマ、和田重

【無料動画】

シリーズ第2弾!映画『すんドめNew2』予告編

シリーズ第2弾!映画『すんドめNew2』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料お試し)
他にはないオリジナル作品も完備していて、世界トップクラスのラインナップ!
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Netflix
▼DMM見放題chライト(2週間無料お試し)
ムフフな動画をひとりでじっくり邪魔されずにどうぞ!
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
映画配信サービス比較 DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年2月3日) 
1作目よりちゃんとパワーアップしています。もちろんセクシー方面で。この2作目はなんといっても浪漫倶楽部に予想外の伏兵が潜んでおり、主人公らをドキドキさせるという美味しい展開が。どうして早く気づかなかったんだ!という感じですが、まあ、そこは置いておいて、デカイですね…。何がって、あれです。こんな感じで嬉しい展開ではありますが、願わくば怪奇百物語勝負ももう少しお色気方面で演出していっても良かったなと思ったりも。
映画の無料動画で夢心地(2016年2月8日) 
すでに何度も実写映像化もされた人気漫画「すんドめ」を新たにキャストをリニューアルした新シリーズの2作目。前作から2年の時を経て更にパワーアップし、高校生の青春妄想活劇としてフェチズムなエロを追及しただけあって、しっかりポイントを押さえた作りです。はっきり言っていろいろな大作映画が公開されていますが、何十年もたっていまだに視聴され続けるのはこういう作品なのです。結局は、人は欲望が第一ですから。
BILIBILI (2016年2月12日) 
それぞれにお気に入りの子がいるだろうが、やはり一番は小倉優香。なぜもっと彼女をメインにださないんだと歯ぎしりするくらいの熱狂。出番をさらに増やして、いや、いっそスピンオフでと、考え始めるともう止まらない。まだ彼女を知らないという人は一度目撃するといい。きっと出演シーンを繰り返し再生しているはずだ。そして、その次は彼女のことを画像検索でもしているだろう。まんまと術中にハマっている時点で負けを認めるしかない。
DAILYMOTION (2016年2月17日) 
2作目となる今作の方が話にまとまりがない気がします。怪奇百物語での対決というドラマ的な起承転結につながる要素があるにも関わらずです。考えてみると怪奇百物語である必要性がないですよね。怪談とかホラーはいろいろアクシデントも起こって美味しい展開になりそうなのに、基本は体育館で座っているだけですから。そこはもっと学校というフィールドを使ったシーンを見せてほしいいところ。ただ、フェチなエロさのてんこ盛りは好きでした。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)