ミッション・イン・モスクワ

爆弾テロからモスクワを救え!

原題:Obratnyy Otschet
製作:ロシア(2006年)
日本公開日:2008年2月2日
上映時間:105分
製作会社:
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

モスクワを狙う爆弾テロに立ち向かう5人の男女の姿を描いたロシア製サスペンス・アクション。「48時間以内に爆発が起こる」と言い残して殉職した捜査官に代わり、捜査に借り出された個性も経歴もバラバラな5人のスペシャリストたちの攻防を描く。モスクワでちょうど48時間後に爆発が起こるという言葉を遺して、テロ組織を追っていた捜査官が殺された。特殊作戦部隊が総動員でこの調査に乗りだしたものの、唯一の希望は最近結成されたばかりの5人のテロ対策スペシャルチームのみ。スピード狂でアドレナリン全快の元特殊作戦隊員のマクス、ペンタゴンのサーバーを壊した経歴を持つコンピューター・ハッカーのアンナ、知能や地位より美貌が勝ってしまう心理学者のオリガ、嗅覚と“第6感”が目の役割を果たす盲目の爆弾処理員のクロット。そして、そんな彼らをまとめ、コントロールするボス、スタールシー。彼らは困難を乗り越えられるのか…。

★【スタッフ】
監督:ヴァディム・シメリェフ
脚本:デニス・カリシェフ
撮影:ユーリー・ライスキー
音楽:ドミトリー・ダンコフ

★【キャスト】
アンドレイ・メルズリキン、マクシム・スハノフ、レオニド・ヤルモルニク、オクサナ・アキンシナ、オレグ・シュテファンコ

【無料動画】

MOSCOW MISSION (OBRATNYY OTSCHET) Trailer

MOSCOW MISSION (OBRATNYY OTSCHET) Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月15日) 
邦題がストレートですが、完全に「ミッションインポッシブル」をイメージしてなぞらえているのは丸わかりです。テロ事件がどうのこうの言っていますが、結局は皆でワイワイなんだかんだと問題を解決していくのでした。ロシアで大ヒットしたというらしいですが、結局、ロシアもアメリカもこういうチームものが好きなんだなという納得感があったので安心しました。そんなまったりなノリであっさり観ていくのがこの映画の正しい見方なのかな。
OPENLOAD (2016年1月18日) 
巧みに制作された「モスクワ・ミッション」みたいなこの映画は、ロシアの映画は政治や芸術の映画に限らず、ハリウッドのジャンルのフィルムも作ることができることを示しています。確かに、映画は私が期待していたものと少し違っています。私はそれが大規模なスタントや爆発で満たされたエンターテインメントではないのは薄々気づいていましたが、アクション自体は限られていても、それなりの一定の難しさもなく気兼ねなく楽しめるものでした。
SPACEMOV (2016年1月20日) 
ロシアはハリウッドの批評家からの映画のいくつかの名作と同じくらい簡単なものを作って、皆の親指をあげさせることに躍起なようです。「ミッション・イン・モスクワ」というタイトルにあるように、チームで困難を乗り越えるジャンルとして定番な作品の形態を辿っている作品としての安心な映画でした。この監督は「アルマゲドン・コード」などアメリカナイズされたロシア映画を連発するような企画が多いので、これも同じと言えます。