テキサスタワー

動画『テキサスタワー』を無料視聴

Tower

原題:Tower
製作:アメリカ(2016年)
日本公開日:2016年(Netflix配信)
上映時間:82分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞/SCORE】
 Tower
(2016) on IMDb
Rotten Tomatoes 100%

【作品紹介・あらすじ/STORY】
テキサス大学の時計塔から銃が乱射され多くの人々が命を落としたアメリカ犯罪史に残る「テキサスタワー乱射事件」を、当時の映像や証言を交えたアニメーション(ロトスコープ)で事件を再現し、悲劇の真相に迫ったドキュメンタリー。

【スタッフ/CREW】
監督:キース・メイトランド

【キャスト/FULL CAST】

【動画/MOVIE】

映画を見る】【動画を見る

Douga1【airw.net(動画)
Douga2【toremaga(動画)
Video3【Netflix

【感想・批評/REVIEW】

名無しさん(2017年4月10日) star_5
古いと言うにはあまりにも衝撃的な銃乱射事件をロトスコープという独特な手法で再現する…このセンスに脱帽。ロトスコープでやるなら実写でやればいいのにと思ってたけど、映画を観るとその必然性がよくわかる。終盤付近の映像を見て、アニメにすることで逆に本当にあった事件であることが強調される効果を確認できるし、確実にこんな悲惨なことがあったと伝えなきゃいけないから、証言者への配慮って部分も大きいのだと思う。まさにその場に自分が居るような気分になる、ちょっと変わった手法の映画だった。「自分ならどうしたか」と自分に思わず問いかけてしまう。そして、今なお銃乱射事件は起こっている。それがこの作品のさらなる絶望をもたらすのだった。
名無しさん(2017年4月17日) star_5
絶対に観て損はないドキュメンタリー。ドキュメンタリーは退屈で苦手という人にも強くおすすめできる一作です。本作で象徴的なのは、実写をトレースしたアニメーション技法であるロトスコープを使っていること。生々しい挙動を表しながら、その質感はのっぺりとしてどこか現実感がない。「リアルであるはずなのにリアルでない」「夢であってほしい」趣味の悪い白昼夢に放り込まれた人々の90分の過去をなぞるように、彼らの心情は豊かな色彩と飛躍により紡がれていく。そして、青い瞳がそのまま本人と重なっていくシーンでは、「やはり現実なのだ」とぞわりとしてしまった。その場にいるような感覚まで呼び起こし、自分ならこの状況で何が出来るだろうと自問自答してしまう。事件から50年経って、当事者は何を思っているのかを記録した点で意義深い作品だと思う。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトに記載されている情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 詳細な利用に関する事柄は、サイト下部にある「お問い合わせ・免責・ガイドライン」を参照してください。

【動画の探し方・視聴方法】

  • サイト上部にある検索フォームに見たい作品のタイトルもしくは関連キーワードを入力して検索します。または、サイトにある「五十音順で検索」から作品タイトルを探すか、「ジャンル・公開時期・製作国」で検索することもできます。
  • 作品ページを見つけた場合、各ページの「動画リンク」をクリックして外部サイトにアクセスし、それぞれの見たい作品の動画があるかどうか確認します。
  • その時点でもし動画がない場合も、時期によって動画が掲載されることがあるため、ブックマークするなどして、コンテンツ更新を待ってください。