チェリーについて

少女はポルノの世界に入り込んでしまった

原題:About Cherry
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2013年2月9日
上映時間:102分
製作会社:
配給:クロックワークス
製作費:
興行収入:

★【評価】
10% Rotten Tomatoes

ポルノ業界に足を踏み入れた少女を主人公に描いたエロティック・青春ドラマ。実家を出てサンフランシスコにやって来た18歳のアンジェリーナは、元ポルノ女優の監督マーガレットとの出会いをきっかけにポルノ業界に身を投じていく。やがて、アンジェリーナはドラッグ中毒の弁護士フランシスと恋に落ちるが…。

★【スタッフ】
監督:スティーブン・エリオット
脚本:スティーブン・エリオット、ローレライ・リー

★【キャスト】
アシュレイ・ヒンショウ、ジェームズ・フランコ、ヘザー・グラハム、デブ・パテル、リリ・テイラー

【無料動画】

『チェリーについて』予告動画

『チェリーについて』予告動画


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ リンク先のページへ
DMM

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●名無しさん(2013年3月26日) 
主演を務めたのは今回が映画初主演となるアシュレイ・ヒンショウで、本作の初々しくも大胆なヌードと繊細な演技で一躍脚光を浴びた若手女優です。女流監督(カメラマン)を『5デイズ』のヘザー・グラハムが演じているが、アシュリーよりも美しくて見飽きない。そして、ヘザーはレズビアンでアシュリーと結ばれ、そのアシュリーも結末では別の才能が開花して大出世の幕引きは、ある種のカタルシスが生み出されます。「チェリーについて」という邦題も、ほとんど原題の直訳ですが、なかなか味わいがある良いタイトルだと思います。
●名無しさん(2013年3月29日)
主人公の生き様を描いて飽きさせないけど、どうやって終わるんだろうと思っていたら、なるほど、こんな感じで終わるんですね。アシュリーの裸は本当に芸術品のように美しかった。脱がなくて綺麗です。美人の主人公はヌード写真からスタート、ポルノ映画と絵に描いたような道を歩む。例えそういう世界に足を踏み入れようとも、堂々としている女性は圧倒的に美しい。官能映画かと思えば、そのようなシーンは少なく有りがちな性に溺れるような描写もありません。とてもキレイな作品です。しっかりと中身が作られていますので、ぜひとも鑑賞をおすすめします。