Be Cool ビー・クール

音楽業界に挑むのはギャング!?

原題:Be Cool
製作:アメリカ(2005年)
日本公開日:2005年9月3日
上映時間:118分
製作会社:
配給:20世紀フォックス
製作費:
興行収入:

ジョン・トラボルタ主演、エルモア・レナード原作の「ゲット・ショーティ」の続編。前作でギャングから映画プロデューサーに転身した主人公チリが、今回は音楽界に進出しようと決意。ユマ・サーマンが演じる旧友の妻と組んで、歌手志望の若い女性を大スターにしようとするが…。

★【スタッフ】
監督:F・ゲイリー・グレイ(関連作品:『ブルドッグ』)
脚本:ピーター・スタインフェルド
撮影:ジェフリー・L・キンボール
音楽:ジョン・パウエル

★【キャスト】
ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、ビンス・ボーン、ダニー・デビート、ハーベイ・カイテル、ザ・ロック、セドリック・ジ・エンターテイナー、クリスティナ・ミリアン、アンドレ・ベンジャミン、スティーヴン・タイラー、ロバート・パストレッリ、ポール・アデルスタイン、デビ・メイザー、ジェームズ・ウッズ、ワイクリフ・ジョン、ジーン・シモンズ、RZA、ジョー・ペリー、アンナ・ニコル・スミス、ステイシー・ファーガソン、ブラック・アイド・ピーズ、フレッド・ダースト

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月19日) 
「ゲットショーティー」の続編。今回は映画業界ではなく音楽業界でチリ・パーマーが活躍する。カメオ出演してる人たちが豪華で、アメリカの音楽業界を映画チックに面白おかしく描いていて大好きな作品になっているので、好きな人は超楽しい。根拠の無い自信というか、デタラメなことやってるように見えて、実は結構しっかり考えているのか、それとも運がいいだけなのか…そんなノリでも成功を手にしてしまう強運の力は本当に羨ましい。
OPENLOAD (2016年4月14日) 
無名シンガーと契約している音楽会社から守りながら、歌姫として成功させるストーリー。定番の流れだから安心感はあります。主演はジョン・トラボルタとユマ・サーマン。これだけで観たいと思う欲求が発生してしまう人が多いんじゃないかな。この二人の名前を見て真っ先に連想するのは、映画好きなら誰もが知っているあの超名作「パルプ・フィクション」。製作陣は意識しているのは間違いないけど、どうしてもちらついてしまうのでした。
STREAMANGO (2016年5月16日) 
黒人文化に憧れるあまり、黒人的に振る舞う音楽プロデューサー。話よりもホンモノのNBAの試合やエアロスミスのコンサート映像が挿入されていてスゴイなと思ったり、やっぱりアメリカのカルチャーが築き上げてきたもののデカさが凄すぎるのでした。のトラボルタとユマサーマンのセクシーなダンス・シーンも楽しめるクライムコメディで、映画ファンも音楽ファンも最高に満足できる一作であり、ぜひ見てほしいエネルギッシュな映画でした。