HOTEL FLOWERS ホテル・フラワーズ

女は誰だって変身できる

原題:HOTEL FLOWERS ホテル・フラワーズ
製作:日本(2011年)
日本公開日:2011年9月10日
上映時間:
製作会社:
配給:メディア・ワークス
製作費:
興行収入:

人気グラビアアイドルの原幹恵と森下悠里がダブル主演を務める異色ドラマ。お嬢さま育ちの美薗が1人で管理するリゾートホテルにある日、ヤクザ風の男、山下とその愛人ヨーコがやってくる。山下は2階の全フロアを借り切って身代金誘拐を画策していたが、その途中でヨーコが高熱を出して倒れてしまう。美薗がヨーコを看病し、それがきっかけで2人の仲は急接近。お嬢様育ちの美薗を変えようと、あばずれのヨーコは、大胆な“変身”を美薗にもちかけ…。

★【スタッフ】
監督:大月栄治
脚本:林克美、大月栄治
撮影:大月栄治

★【キャスト】
原幹恵、森下悠里、宮崎貴志、中山裕介、笹川大輔

【無料動画】

HOTEL FLOWERS ホテル・フラワーズ(プレビュー)

HOTEL FLOWERS ホテル・フラワーズ(プレビュー)


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月10日) 
森下悠里の出演作は意外とたくさんある。「秘密潜入捜査官 ハニー&バニー」「女神戦隊ヴィーナスファイブ」「人生逆転ゲーム」「映画版 ふたりエッチ」「情事」。他に挙げるとキリがない。しかし、これらは普通の映画で、逆にVシネマは少ない方である。今作はそんな普通の一般作の中ではまだまだマシなレベルであろう。今では見られない原幹恵との共演も珍しく、当時としてはかなり攻めていた部類になる。どちらにせよ超マイナー作ではあるが。
映画フリー (2016年1月11日) 
セクシーなシーンはありません。グラビアアイドルの出演だからといっても、そこに期待すると、失望の中そっと画面から目をそらし、地平線を眺める気分になってしまいます。ではなぜ彼女たちをキャスティングしたんだという話ですが、事務所的なアレですよ、たぶん。作品でも作って実績を残しておかないと何もしてないことになりますから。そんな大人の事情の中でも必死に仕事をする彼女たちを応援するのがファンなのです。それが正しい姿…。
BILIBILI (2016年1月12日) 
ファッションの変化は男性よりも女性の方が楽しめる。チェンジできる部分も多く、バラエティがあるからだ。しかし、この映画ではその女性としての持ち味をなぜかパンクに変えるという一点に集中させてしまった。結果、謎のパンク推しだけが目立つ、よく意図のわからない設定になっている。これ自体は、普段と違う自分になってイメチェンよ!というありきたりな動機の延長なのかもしれないが、なぜパンクにするのか、いまだに不明なままだ。
PARAVI (2016年1月13日) 
謎のファッションコーディネート力を持つヨーコによってパンクに改造されてしまったリゾートホテルの養女。もはや迷惑極まりないが、ヨーコも変身を一応見せて、互いに影響し合っているので、良いのかもしれないが、最終的に二人だけの世界に入っているような気がしてならない。だったらいっそのことヤクザを出さずに、ひたすら二人のファッションショーを展開していけば、観客を惹きつけることができたのではないかと思うだが、どうだろう。