アマゾネス・プリンセス

破壊の女神が降臨する

原題:DARK RISING 2: SUMMER STRIKES BACK!
製作:カナダ(2011年)
日本公開日:2013年4月(DVDスルー)
上映時間:93分
製作会社:
配給:竹書房
製作費:
興行収入:

アマゾネス王女と巨大モンスターの想像を絶する戦いを描くアクション・ファンタジー。魔界に君臨するデーモン・ゴッドの復活で、地球崩壊序曲の幕が開かれてしまう。それは地球の終わりを意味する、最悪の始まりであり、人間社会の平穏は脆くも崩壊するのは時間の問題であった。この絶体絶命の状況で、人類は何かに救いを求めるしかなかった。そして、各地で目覚める異形のモンスターたちに立ち向かえるのはただ一人、魔界のアマゾネス王女サマーのみ。しかし、人類にとって、彼女はまたもう一つの危険なパンドラの箱だった。一体、彼女は人類に何をもたらすのだろうか。

★【スタッフ】
監督:アンドリュー・シーメック
脚本:アンドリュー・シーメック
撮影:アンドリュー・シーメック
音楽:ジェイムス・チャップル

★【キャスト】
ブリジット・キングズリー、ランディ・キャノン、アンドリュー・シメック、コーリー・リー、カイル・ブキャナン、マイケル・アイアンサイド、ジュリア・シュナイダー、ヌグ・ナーギャン

【無料動画】


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV
【Gyao】


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年4月10日) 
日本販売のパッケージだと全然わからないが、この作品はシリーズもので、2007年の「Dark Rising」、2011年の「Dark Rising: The Savage Tales of Summer Vale」、2011年の「Dark Rising: Summer Strikes Back」、2014年の「Dark Rising: Warrior of Worlds」と続いています。しかし、日本では英題が「DARK RISING 2」と書いているのはなぜなのかはよくわかりません。フランチャイズとしては大人向けオタク作品ですよね。
SPACEMOV (2016年5月15日) 
このパッケージから伝わるやる気の無さ。これほどコラ画像みたいなジャケットは珍しいです。普通、パッケージだけでもカッコよく見せようとするのに、このダサさ。もう作り手もどうでもよくなっているとしか思えない。少なくとも日本の配給側には、この作品への愛は全く伝わってこないのでした。それでも逆に興味を惹かれるというカウンターな反応を期待していたなら、あえてその釣り餌に引っかかるのも悪くはないのかもしれない。
STREAMANGO (2016年6月12日) 
これは続編です。なのでそれを知らないで鑑賞すると、知らない学校の同窓会にうっかり参加してしまったような気分になります。困ったことにその気まずい思いをさせられるのですが、それでも場のノリだけで楽しめる奴というのはいるわけで、そんな人ならこの映画もかかってこいという感じで向き合えるのではないかなと思ったりも。少なくとも想像するようなイメージは全て覆されるかもしれないですが、心を広く持って向き合ってください。