私の悲しみ

動画『私の悲しみ』を無料視聴

原題:私の悲しみ
製作:日本(2011年)
日本公開日:2012年7月7日
上映時間:92分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
第12回TAMA NEW WAVEコンペティションでグランプリを受賞した恋愛群像劇。東京に暮らす専業主婦の神田慶子はある出来事をきっかけに、深い悲しみを抱えていた。夫の義弘は、悲しみに侵される慶子から逃げるように、帰宅後毎日ジョギングに出かけるふりをして、不倫関係の部下の美樹のアパートへ向かう。その頃、義弘の妹の朋子が大阪から惚れた男を追いかけ、東京にやってきた。朋子は東京に着くなり、その男に電話をするが、連絡はとれない。仕方なく、兄・義弘の家へ行くと、慶子が包丁を首に刺そうとしていた。14人の男女が複雑に交差し次第に浮き彫りになっていく、それぞれの「私の悲しみ」。そんな悲しみ達は絡み合いながら、新しい希望へと姿を変えてやってくる…。

【スタッフ】
監督:堀内博志
脚本:堀内博志
撮影:島根義明
音楽:オクノ修、THE WEDDINGS、北村早樹子、麓健一

【キャスト(キャラクター)】
永峰絵里加(神田慶子)、山田ゆり(白瀬美樹)、いとうよしぴよ(神田義弘)、松本高士(竹内幸也)、松永拓野(竹内拓也)、田口実佳(臼田香奈)、伊藤マサヨ(紺野まき)、LUY(間宮茜)、津田牧子(津田芳子)、小川仁美(吉川朋子)、川連廣明(川田雅夫)

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Gyao

【感想・批評】

いまおかしんじさん(映画監督)
みんな、相当ダメな奴らなんだけど、なぜか愛しく思えてしまうのは、一人一人のキャラクターに、監督の愛情がキチンと注がれているからだと思う。とてもやさしい映画と思いました。
名無しさん(2012年9月16日) star_5
第12回TAMA NEW WAVEコンペティションでグランプリとベスト女優賞をダブル受賞し快挙を成し遂げたというだけでも、この映画の素晴らしさを語るにはじゅうぶんな気がしますが、それでもあらためて口にする価値ある作品です。このドラマの一番の魅力は役者、とくに女優陣。キャスト女優陣には、凛として清楚な魅力の永峰絵里加、本作で女優賞受賞を獲得した関西から来た爆弾娘・よこえとも子、週末アイドルならぬ週末・女優小川仁美、怪しい魅力の米本奈津希、モデルでも活躍中の田口実佳・伊藤マサヨほかが好演。14人の男女がドミノ倒しのように絡み合う複雑な群像劇を見事に整理されて体現していました。この熱演だけでも楽しめます。
名無しさん(2016年11月30日) star_5
若くして亡くなった伝説のフォークシンガー加地等の晩年を追ったドキュメンタリー映画『加地等がいた-僕の歌を聴いとくれ-』で劇場デビューし、2016年に全国劇場公開された「縁 The Bride of Izumo」で高い評価を得た堀内博志が監督する作品。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。