ディーン、君がいた瞬間(とき)

動画『ディーン、君がいた瞬間(とき)』を無料視聴

原題:Life
製作:カナダ・ドイツ・オーストラリア(2015年)
日本公開日:2015年12月19日
上映時間:112分
製作会社:
配給:ギャガ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
映画史に名を残す俳優ジェームズ・ディーンがLIFE誌の天才写真家デニス・ストックとの2週間にわたって旅した姿を描いたドラマ。1955年、マグナム・フォトに所属する気鋭の写真家ストックは、世界を驚かせる写真を撮りたいと熱望していた。そんな折、パーティで出会った無名の新人俳優ディーンにスター性を見出したストックは、LIFE誌に掲載するため密着取材を開始。ディーンを追ってロサンゼルスやニューヨーク、故郷のインディアナまで旅を続けるうち、互いの才能に感化されるようになっていく。

【スタッフ】
監督:アントン・コービン(関連作品:『誰よりも狙われた男』)
脚本:ルーク・デイビス
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
音楽:オーウェン・パレット

【キャスト】
デイン・デハーン、ロバート・パティンソン、ジョエル・エドガートン、ベン・キングズレー、アレッサンドラ・マストロナルディ

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video

【感想・批評】

名無しさん(2016年1月3日) star_5
映画が終わる頃には完全に10代の頃の自分に戻っていた!とても衝撃を受けた作品だ。もう完全にジミーがこの作品に蘇ったとしか思えないのだった。こうして写真家デニスが成功を修め、ジミーと知り合う事で大きく人間的に成長し、彼の未来の方向性を見つけ出す事が出来たと言う事を知るのはとても嬉しい事だし、素晴らしい事だと思った。映像が良かったので最後まで楽しめた。さすが写真家でもある監督の作品なだけあって、どのシーンをとっても構図がびしっと決まっていて、とてもさまになっていた。1955年に心をむき出しにして生きる青年が、どんなに息苦しく、どんなに魅力的に輝いていたのかを、デイン・デハーンが見事に見せてくれました。一方、写真家デニスを演じたロバート・パティンソンも繊細な演技が素晴らしかったです。
名無しさん(2016年1月17日) star_5
物語はジェームス・ディーンの知られざる素顔を撮影したデニス・ストックとジミーとの切なくも悲しい短い交流を描く。実在の写真家デニス・ストックが1955年、ジェームズ・ディーンとかかわり合ったわずか数週間のお話です。どこまでが事実かは不明ですが、「エデンの東」の試写を観たデニスは、たたき上げカメラマン独特の勘が働いたのか、ジェームズ・ディーンというまだ無名の新人俳優に興味を憶えます。この出会いが、あの有名なタイムズスクエアの雨の日のオフショット写真へと繋がって行きます。カメラを離れて語り合う食堂車の場面や、農場最後の日はとても印象深いです。単なる伝記映画以上の奥深さを感じる名作でした。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。