KING OF PRISM PRIDE the HERO

キンプリはさらに輝く!

原題:KING OF PRISM PRIDE the HERO
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年6月10日
上映時間:70分
製作会社:
配給:エイベックス・ピクチャーズ
製作費:
興行収入:
前作:『KING OF PRISM by PrettyRhythm

★【評価】
映画.com 4.2 / 5.0
Yahoo!映画 — / 5.00
Filmarks 4.3 / 5.0

★【あらすじ】
人気アイドルアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフ作品として映画化され、「キンプリ」の愛称で大ヒットを記録した劇場版アニメ『KING OF PRISM by PrettyRhythm』のシリーズ第2弾。男性3人組ユニット「Over The Rainbow」のライブでプリズムショーの魅力に圧倒され、プリズムスタァ養成校エーデルローズに入学した一条シン。4年に1度開催されるプリズムキングカップの出場を目指して新入生たちが切磋琢磨する中、法月仁率いるシュワルツローズの陰謀により、エーデルローズは解散の危機に陥る。「Over The Rainbow」はエーデルローズを救うために活動を休止し、メンバーたちはそれぞれの場所で自分自身と向き合うことに。そんな中、ついにプリズムキングカップの幕が上がる。

★【スタッフ】
監督:菱田正和
脚本:青葉譲
キャラクターデザイン:松浦麻衣
音楽:石塚玲依

★【キャスト(キャラクター)】
柿原徹也(神浜コウジ)、前野智昭(速水ヒロ)、増田俊樹(仁科カヅキ)、寺島惇太(一条シン)、斉藤壮馬(太刀花ユキノジョウ)、畠中祐香(賀美タイガ)、八代拓(十王院カケル)、五十嵐雅(鷹梁ミナト)、永塚拓馬(西園寺レオ)、内田雄馬(涼野ユウ)、三木眞一郎(法月仁)、蒼井翔太(如月ルヰ)、武内駿輔(大和アレクサンダー)、関俊彦(氷室聖)、森久保祥太郎(黒川冷)、浪川大輔(山田リョウ)、杉田智和(高田馬場ジョージ)、遊佐浩二(真田常務)、山寺宏一(太刀花菊右衛門)、三宅健太(プリズムショー協会会長)、堀内賢雄(十王院百次郎)

【無料動画】

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」特報

劇場版「KING OF PRISM –PRIDE the HERO-」特報

(C)T2A/S/API/T/KPH


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

RAK1【more】
RAK2【airw.net(動画)
VOD3【U-NEXT
VOD4【dTV
VOD5【Hulu
VOD6【TSUTAYATV
VOD7【au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

●無料ホームシアター(2017年7月2日) 
これぞファンムービー。愛する者のために作られた、専用ステージ。だからこれを鑑賞するにはある種の関門をクリアしないといけない。正直ちんぷんかんぷんで何が何やらだった第一作を経て、ようやく「なるほどこういうのを楽しめば良いのね」というのが感覚で分かってきた自分だが、こうなってしまえばこっちのもの。世界観に浸ることを止める者はいません。それにしても濃厚な60分。全身のエネルギーが発散していく興奮に身悶えします。
●CRUNCHYROLL (2017年7月15日) 
前作が「起」ならば、今作は「承転結」。あまりに怒涛の展開と感動の連続すぎて脳みそが追い付いていけません。10回くらい見てやっと理解しました。何も考える必要はないのだと。イカれたプロットと表現に落とし込んだ上での観客を信じて、観客からも信頼されるという、絶対的な関係性を確立する天才の術中にハマってしまった感じ。この感覚は他の映画では体験できません。スパーキングして駆け抜けていくこのエンタメに勝るものはなし。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)