群青の夜の羽毛布

動画『群青の夜の羽毛布』を無料視聴

原題:群青の夜の羽毛布
製作:日本(2002年)
日本公開日:2002年10月5日
上映時間:111分
製作会社:
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
製作費:
興行収入:

【評価・受賞】
IMDb ??/10
Rotten Tomatoes ??%

【あらすじ】
恋愛小説の名手・山本文緒の同名小説を映画化。大学生の鉄男は、バイト先のスーパーに客としてやってくる美しい年上の女性さとるに想いを寄せていた。そして、女性さとると付き合うようになる。聡明でもの静か、時に病的なほど人前に出ることを恐れるさとるは、反面、ホテルへ積極的に自分から誘うなどミステリアスな魅力を抱えていた。さとるは厳しい母親の監視の下に暮らしていた。彼女の不安の原因が家庭にあると気づき、鉄男は家から連れ出そうとするのだが、さとるは家から出ることができない。それでも鉄男は、さとるの不安定な精神状態が異常な家庭環境にあることを確信し、さとるを自宅から連れ出そうとするのだったが…。

【スタッフ】
監督:磯村一路(関連作品:『がんばっていきまっしょい』)
脚本:相良敦子
撮影:長田勇市
音楽:羽毛田丈史

【キャスト】
本上まなみ、玉木宏、藤真利子、野波麻帆、小日向文世、角替和枝、斎藤歩、山本文緒

【動画】

映画を見る】【動画を見る

airw.net(動画)
toremaga(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
Gyao

【感想・批評】

名無しさん(2010年1月15日) star_5
青を基調にした映像がとても幻想性も感じさせて綺麗でした。思春期を引きずったまま大人になったような本上まなみや、昔のトラウマを引きずって母親になりきれてない藤真利子など、女性の不安定な部分を上手く描いている作品だと思います。主人公さとるの母の偏執さがじわじわとにじんでくるのがとても秀逸な展開。静かに淡々と進んでいくうちに、さとるにも、その母にも心の重みがあるのが次第に浮き彫りに明らかになっていく。それが女だからとしての傷なのか、それとも人間としてある以上避けられない傷なのかは人によって違う解釈があると思うけれど、とにかくざわざわと苦しい物語でした。原作の雰囲気をくずさずに映像化できてる良作。自分は気づけなかったけど、原作者の山本文緒も出演してるらしい。
名無しさん(2010年1月26日) star_5
原作は直木賞作家、山本文緒の同名小説。無自覚なまま、子供を壊してる親はたくさんいる。そういった親でも親な訳だから、当人は、親は悪くない。自分が悪いのだと責め続ける。これは単にマザコンな訳ではなく、列記とした病であり、こういった「実際に存在するが、なかったことにしてしまっている、或いは気づきにくいこと」を浮き彫りにし、そこからどう立ち直っていのかに焦点を当ている。磯村一路監督と主演の本上まなみのコラボレーションは美しく、見入ってしまう。決して単純なエンタメドラマではないので、そこをじゅうぶん承知の上でこの純粋でゆったりとしたドラマを堪能すると良いでしょう。

にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

FC2Rank



[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
※お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。

  • U-NEXT
映画配信サービス比較 U-NEXT

  • TSUTAYA DISCAS/TV
映画配信サービス比較 TSUTAYA

  • dTV
映画配信サービス比較 dTV

  • Hulu
映画配信サービス比較 Hulu


【サイト利用上の注意】
  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。