花戦さ

動画『花戦さ』を無料視聴

芸術で天下をとってみせましょう!

原題:花戦さ
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年6月3日
上映時間:127分
製作会社:
配給:東映
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.3 / 5.0
Yahoo!映画 3.71 / 5.00
Filmarks 3.5 / 5.0

★【あらすじ】
野村萬斎が、戦国時代に実在した池坊専好という京都の花僧に扮し、天下人である豊臣秀吉に専好が単身立ち向かう姿を描いたエンタテインメント時代劇。織田信長が本能寺で打ち倒される劇的な事件ののち、天下人が豊臣秀吉へと引き継がれた16世紀後半。戦乱の時代は終わりを告げようとしていたが、秀吉による圧政は次第に人々を苦しめていた。そんな中、町衆の先頭に立った花僧の池坊専好は、花の美しさを武器に秀吉に戦いを挑んでいく。

★【スタッフ】
監督:篠原哲雄(関連作品:『スイートハート・チョコレート』)
脚本:森下佳子
撮影:喜久村徳章
音楽:久石譲

★【キャスト】
野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市、高橋克実、山内圭哉

【無料動画】

映画『花戦さ』 予告編

映画『花戦さ』 予告編

(C)2017「花戦さ」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
野村萬斎「伝統芸能の精神が、映画を通して広く発信されるということは、われわれ伝統文化に携わる人間にとっては本当にありがたいこと。その一端を担えたことはうれしかったです」

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2017年7月10日) 
これまたユニークな作品ができたものだ。戦国時代の映画でありながら、いわゆるステレオタイプなよくある合戦のシーンはなく、これまでとはまた違う一風変わった戦いを見せる。それは芸術家たちによるアートバトルだ。野村萬斎の表現力はやはり秀逸。後半は前半に増して、この時代に茶や花が示す人の心に魅せる才が多彩だったことが分かる。出演人も豪華で、味わいあるシーンも多いので、一人でしっとり見るのがベストではないでしょうか。
SPACEMOV (2017年7月11日) 
主役は将軍でも大名でもない。狂言師の野村萬斎が主役というだけあって、上品なドタバタ喜劇の体裁でストーリーが痛快に進む。その一方で、花を生けるというソフトな表現手段で権力の横暴に対抗するのは、映画的で面白い。もちろん、華道家元の池坊が協力した生け花の数々を作中で楽しめるほか、利休庵で深い光沢を放つ漆の黒、素朴な味の陶器など、日本の美意識がわかりやすく映像化され、まるで美術館のように鑑賞できるのも面白さだ。
BILIBILI (2017年7月12日) 
日本文化の入り口として素晴らしいのではないか。外国人に見てもらいたい映画だ。無論、日本人も必見だ。たくさんの娯楽がはびこる今現在、茶や花にあんなにも喜び、わびさびを感じ、人を豊かにしているものだったとは忘れてしまった。当たり前のような存在になってしまっているからだ。それでもこの今でも新たな芸術がきっと生まれている。そんな芽生えにも気づける人間になりたい。そう思わせる作品でもあった。芸術よ、永遠に続け!

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)