劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY

その力は、希望か、破壊か

真島ヒロの人気漫画をアニメ化した「FAIRY TAIL」の5年ぶりとなる劇場版第2弾。フィオーレ王国の神殿に納められていた、世界を滅ぼすほどの絶大な力を秘めるとされる魔法の杖「竜の涙」が反逆者ザッシュによって奪われ、ステラ王国の国王アニムスの手に渡ってしまう。竜の涙奪還の依頼を受けた魔導士ギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」のナツたちは、ステラ王国へ潜入し、アニムスに仕える魔術師ソーニャと出会う。竜の涙を我が物にしようと企むアニムスや、国を救いたいというソーニャの願いなど、様々な思惑が交錯する中で激しい戦いが繰り広げられ、やがてナツの本能が覚醒する。

原題:劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年5月6日 / 上映時間: / 製作会社:A-1 Pictures / 配給:ギャガ

★【スタッフ】
監督:南川達馬
脚本:米村正二
キャラクターデザイン:山田裕子
音楽:高梨康治

★【キャスト】
柿原徹也、平野綾、釘宮理恵、中村悠一、大原さやか

【無料動画】

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』予告編

『劇場版FAIRY TAIL -DRAGON CRY-』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年6月17日) 
「劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY」がまさかここまでとは。終始ニヤニヤが止まりませんでした!最終章に繋がるとの事なので、期待以上でなかったんですが、最高でした!ナツの仲間を守るためだけに戦っていると言うところ!良かったです!ナツのセリフ一つ一つとても感動しました!ハラハラするシーンや、ニヤニヤするシーンやホッコリするシーンが沢山あります!ストーリーのテンポも良く楽しめました。妖精のメンバーを極力オールスター出演させて、ギャグやバトルを絶妙に入れながら監督と原作者の描きたいことを描ききった前作の「鳳凰の巫女」は、大きいテレビな演出も目立ったものの、かなり丁寧な作りだったとも思えますが、本作もなかなかです。
名無しさん(2017年6月25日) 
映画のコンセプトは、前作の「謎解き要素」は少し影を潜めて、ひたすら「バトルシーンを如何に魅せるか」に比重が置かれています。しかし、テンポやバトルを重視し過ぎた結果として、どうしても「初稿の名残」が全体的な映画の脚本への綻びにつながってしまったのは否めないように思えます。例えば、カナとエルフマンのリストラとその二人の活躍予定だったガジルチームの依頼者を登場させなくした点。これはラスト変更に直結していて、本来はラストで依頼者がザッシュに復讐を果たそうとするのを、思いとどまるための伏線であったはずが、ザッシュの末路が変更されたことで、ガジルたちの出番そのものにまるっきり意味が無くなってしまっている。いろいろ不満もありますが、映画としての心意気は良かったです。