独裁者、古賀。

動画『独裁者、古賀。』を無料視聴

原題:独裁者、古賀。
製作:日本(2014年)
日本公開日:2015年7月18日
上映時間:79分
製作会社:
配給:「独裁者、古賀。」製作委員会
製作費:
興行収入:

新鋭・飯塚俊光監督の長編デビュー作であり、群馬県の伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2012で大賞に選ばれた脚本をもとに映画化し、PFFアワード2014でエンタテインメント賞を受賞したオリジナル作品。冴えない高校生活を送っていた古賀祐介と副島裕子は半ば強引に押し付けられるように学級委員に選ばれてしまった。副島はクラスの青木と本田にいじめられている古賀をかばったことで古賀に代わっていじめの標的となり、不登校になってしまう。担任の岡本先生から授業のプリントを届けに行くよう頼まれ、何度か副島の家を訪れるようになった古賀は次第に彼女に思いを寄せるようになるが、副島から受け取った大切な手紙を青木に奪われてしまう。古賀の何かが確実に変わろうとしていたその時、幼い時にいじめから古賀を助けてくれた黒柳が古賀の前に現れる。

★【スタッフ】
監督:飯塚俊光(関連作品:『ポエトリーエンジェル』)
脚本:飯塚俊光
撮影:幡川和雅
音楽:小島一郎

★【キャスト】
清水尚弥、村上穂乃佳、芹澤興人、臼井千晶、輿祐樹、松木大輔、大出勉、杉崎佳穂

【無料動画】

PFFアワード2014入選作品 『独裁者、古賀。』予告編

PFFアワード2014入選作品 『独裁者、古賀。』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2015年8月12日) 
理不尽で重苦しいイジメという現実の中に苦しむだけのふたりに焦点が当てられる。ただ気になる女の子と話すのに学級委員という立場を使ってみたり、敬語で話したり。先生は先生で生徒相手に敬語で話したりと、距離感の詰め方がメチャクチャ下手くそな登場人物が予想通りにキモイ動きをし、イジメの標的になる。物語構造はそういったイジメに晒された3人の小さな小さな復讐に軸を据える。復讐相手にマウントをとってもすぐにひっくり返すされ、本筋としては全く達成されない復讐だが、走りまくったトレーニングは無駄にはならず、先生を探して廊下を走り抜ける彼を止められるものは誰もいない。きつい現実の中で生きるしかない弱者たちがほんの少しだけ泥臭く、きらりと輝く感じがする。
名無しさん(2015年8月18日) 
いじめられっ子が一念発起して変わるという、よくあるストーリーやけど、最近こんなわかりやすい話の映画を見てなかったので響いた。イケてる組のリア充学生の恋愛モノより共感できる気がするので自分的にはアタリ。古賀くんの副島宅玄関前のモジモジが甘酸っぱかった。今まで我慢してたものが溢れたときの破壊力たるや。オカンにパンスト借りて、目には目をでやり返すかと思いきや、自分がかぶるんかいっ!古賀家毎日ざるうどんとカボチャの煮付けかいっ!と思いきや、終盤でカツ。この予想外の方向からの連続パンチこそ魅力ですね。