サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団

動画『サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団』を無料視聴

魔王を倒すのはこの俺だ!

原題:EL CAPITAN TRUENO Y EL SANTO GRIAL
製作:スペイン(2011年)
日本公開日:2012年9月(DVDスルー)
上映時間:108分
製作会社:
配給:竹書房
製作費:
興行収入:

【あらすじ】
“聖杯”を守護する十字軍の騎士団の守護剣士と、黒魔術を操る邪悪な魔王率いる暗黒騎士団の戦いを描いたアクション・アドベンチャー。1291年、現イスラエルに位置する聖地ハイファ。リチャード王に仕える十字軍騎士サンダーは、かの地を奪還すべくイスラム王朝に総攻撃をかけ、敵城に侵攻を開始する。その際、捕虜になっていた瀕死のキリスト教徒の老人からスペインの守護騎士モルガノに届けるようにと託されたのは謎の聖杯だった…。

【スタッフ】
監督:アントニオ・エルナンデス
脚本:パウ・ベルガーラ
撮影:ハビエル・サルモネス

【キャスト】
セルヒオ・ペリス・メンチェータ、ナターシャ・ヤロヴェンコ、アドリアン・ラマナ、ジェニファー・ロープ、ゲイリー・ピケ、マヌエル・マルティネス

【動画】

『サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団』 予告編

『サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団』 予告編


▼動画リンク▼

【映画を見る】【動画を見る】

【toremaga(動画)】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video
【Gyao】


にほんブログ村 動画紹介ブログ 映画動画へ

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか
お試し期間中はさまざまな作品を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は期間限定なので登録はお早めに!

▼作品をより深く知る▼

【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月12日) star_5
日本ではほぼ知名度がゼロだと思いますが、この映画は原作となるコミックがあって、それは英語で「キャプテン・サンダー」と呼ばれているスペイン漫画。1956年から1968年に刊行され、ビクター・モラという人が考案しました。つまり、完全にコミックの映画化であり、どうりで内容が軽いのです。設定を見てもこれが大人向けではないことはわかりますが、実写化にともないその違和感はさらに倍増。スペインも漫画実写映画化は苦戦しているのです。
映画フリー (2016年1月13日) star_5
聖杯、騎士、魔王、黒魔術…こんなワードが飛び出してくると、どこのラノベですかと呆れ顔でぼやく人もいるかもしれませんが、残念。これはスペイン映画です。そして、ラノベなんかよりもさらに時間的疲弊感を強める効果がある、恐ろしいアイテムです。これを目にしてしまったら最後、あなたの人生の一部は暗黒に落ちて帰ってこれなくなります。その覚悟があるなら、この禁断の映画の蓋をあけて再生すると良いでしょう。安全の保障はしません。
DAILYMOTION (2016年1月14日) star_5
邦題は「サンダーソード」ですけど、ジャケットには普通に「CAPTAIN THUNDER」って書いてあるという、じゃあ、いっそのことそれをそのまま邦題にすればよいのに、なぜ変えたのか。たいして変わらないだろうに。サンダーではありますが、某アメコミのソーさんみたいに雷の能力を駆使する超人というほどの凄さもなく、わりと平凡な男ですが、一応作中では活躍していきます。主人公ですから当然ですが。スケールは爪楊枝で刺せる程度です。
STREAMANGO (2016年1月26日) star_5
俺の名前はサンダー。ひょうなことから世界を救うことになった、まあ、簡単に言えばヒーローだ。なぜそうなったかって? それは俺もよくわからない。どんな危機が世界に襲っているのかって? それもよくわからない。とにかくヤバいんだ。暗黒騎士ってやつだ。きっといろいろなものが真っ黒なんだろう。俺の武器は、これ、剣だ。いや、聖杯ってやつのほうが大事らしい。意味がわからないよな。俺も理解不能だ。サンダーをよろしく。

【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合も、ブックマークするなどして、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする