サーフズ・アップ

サーフィン界を制したあるペンギンの半生をおさめたドキュメンタリー?

原題:Surf’s Up
製作:アメリカ(2007年)
日本公開日:2007年12月15日
上映時間:85分
製作会社:Sony Pictures Animation
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作費:
興行収入:

★【評価】
78% Rotten Tomatoes

第80回アカデミー賞で長編アニメーション賞にノミネート。

競争激しいペンギンのサーフィン界で奮闘する1匹のイワトビペンギンの姿を、ドキュメンタリー風の演出で描いた長編CGアニメ。周囲からの称賛と尊敬に憧れる新人サーファーのコディは、“サーフィン・ワールドカップ”で優勝すれば、夢が叶うと信じていたが、老いぼれサーファーのギークと出会い、試合で勝った者だけが必ずしもチャンピオンとは限らないということに気付かされる。

★【スタッフ】
監督:アッシュ・ブラノン、クリス・バック
脚本:ドン・ライマー、アッシュ・ブラノン、クリス・バック、クリストファー・ジェンキンス
音楽:マイケル・ダナ

★【キャスト】
シャイア・ラブーフ、ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・ウッズ、ズーイー・デシャネル、ジョン・ヘダー、ディードリック・ベーダー、マリオ・カントーネ、ダナ・ベルベン、ブライアン・ポセーン、クリス・バック、アッシュ・ブラノン

【無料動画】

Surf's Up trailer

Surf's Up trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画フリー (2016年1月7日) 
「アナと雪の女王」のクリス・バック監督が手がけた作品と聞いて、王道のアニメなのかなと思っていましたが、全然違った。こんなにも王道からかけ離れたテイストの作品は観たことがない、というかこのアニメ、変わり者すぎです。なんといったって、全編ドキュメンタリー風なんです。あれです、カメラの前でインタビューしているやつです。だからキャラが普通にカメラマンに話しかけるのです。こんなアリ?なユニークな演出がいっぱいですよ。
STREAMANGO (2016年2月11日) 
サーフィンはオマケでドタバタと動物たちがコメディ的に動き回るのを楽しむだけでしょ。そんな安易な考えていた数時間前の私。そして観終わった後の私。あれっ、目に涙が。いや、なんだこの激アツ本格サーフィン映画は。これはサーフィンしている人が見ても感情移入してしまうくらい、細部まで作りこんでいるのではないか。プレッシャーと勝利への探求心、そして自分との戦い。この要素がガッツリ入って楽しませてくれる。もう満点です。
CRUNCHYROLL (2016年3月17日) 
ペンギンは泳げるのになぜサーフィンをするのか。それはそこに波があるからなのでしょう。何言っているんだと思っているでしょうが、そういうものなんです。本作は結構メタ的なシーンも多く、クスリと笑いたくなるものばかり。とくに子どもペンギンのトークが痛烈。絶対に大人の意地悪なユーモアを込めているでしょう。ただのペンギン映画ではなくて、ドキュメンタリー映画っぽく撮られているのも重要。ちゃんとカメラの手振れとかも再現。