メディシン・フォー・メランコリー/Medicine for Melancholy

動画『Medicine for Melancholy』を無料視聴

原題:Medicine for Melancholy
製作:アメリカ(2008年)
日本未公開:
上映時間:88分
製作会社:
配給:
製作費:
興行収入:

★【評価】
83% Rotten Tomatoes

バリー・ジェンキンス監督の長編デビュー作。インディペンデント・スピリット・アワードで初長編作品賞など3部門にノミネートされ、好評価を得た。

★【スタッフ】
監督:バリー・ジェンキンス(関連作品:『ムーンライト』)
脚本:バリー・ジェンキンス

★【キャスト】
Wyatt Cenac、Tracey Heggins

【無料動画】

Medicine for Melancholy – Official Trailer

Medicine for Melancholy - Official Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
Video3【U-NEXT
Video4【Hulu
Video5【TSUTAYATV
Video6【Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

名無しさん(2017年9月10日) 
監督のインタビューによれば、撮影前にチャールズ・バーネットの「Killer of Sheep(1977)」を見たそうである。その撮影方法にストレートに影響を受けているのが容易に分かる。完全なモノクロでもないが、極力色を抑えたセピアともまた違う印象的な色使い。そのオープニングの感じだけでこの映画がどんな映画か大体の想像がつく。芸術肌の青年が作ったメランコリックなラブストーリーだ。バーネットと一緒で町の雑音も物語や主人公を知れる形で上手く取り込んでいる。ちなみにこの映画の監督は高校の英語教師を目指して大学で勉強していたんですが、突如映画に目覚めて映画学科でも学んだそうです。割りと今風のチャーミングな青年です。
名無しさん(2017年9月30日) 
バリー・ジェンキンズのこの最初の映画の最初の部分は、淡い灰色と非常に白い白を帯びた、ほぼ完全に色がなくなるように調整されたデジタルビデオで撮影されていますジョアンが彼としばらく一緒に過ごそうとするミカの努力によって。彼はお互いを知るべきだと思っています。それは日曜日です。彼女は最初は興味がない。彼らは結局のところ、ぶら下がっている。彼女は彼がタクシーで彼女の家に連れて行って、ただ出て走ります。しかし彼女は床に彼女の財布を残す。戻って彼女を見つけるために、彼女の免許のアドレスは最新ではないので、彼の自転車で、町の向こう側に、検索が必要です。この映画は、サンフランシスコで非常に具体的に撮影されることによっても支持されています。2人の俳優の痛ましい美しさと現実的なパフォーマンスを除けば、そして一晩のスタンドのストーリーの話は、私たちの何人かが関係することができるものです。とても素晴らしい映画です。