素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー

老人とロボットが仲良くなってやることは、泥棒!?

原題:Robot & Frank
製作:アメリカ(2012年)
日本公開日:2013年8月10日
上映時間:89分
製作会社:
配給:角川映画
製作費:
興行収入:

★【評価】
86% Rotten Tomatoes

元泥棒の老人と介護用ロボットが織りなす交流を描いたヒューマンドラマ。元宝石泥棒で70歳のフランクは物忘れがひどくなる一方で、心配した息子たちはそんな父親に超高性能な介護型ロボットをプレゼントする。ロボットは自立歩行や会話も可能で、雇い主の健康を管理するだけでなく、やる気を出させて生きがいを見つけさせるようにプログラムされており、おかげでフランクの体調も日々すぐれていく。当初はロボットを気に入らなかったフランクも、元気になったことで野心を取り戻し、自分の“趣味”にロボットを巻き込もうとするが…。

★【スタッフ】
監督:ジェイク・シュライアー(関連作品:『ペーパータウン』)
脚本:クリストファー・フォード
撮影:マシュー・J・ロイド
音楽:フランシス&ザ・ライツ

★【キャスト】
フランク・ランジェラ、ジェームズ・マースデン、リブ・タイラー、スーザン・サランドン、ピーター・サースガード、ジェレミー・シスト、ジェレミー・ストロング

【無料動画】

『素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~』予告編

『素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~』予告編


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月18日) 
フランクじいさんがロボットのヘルプを得て再び泥棒に生きがいを見出していくという、とんでもないクライム・ヒューマン・ドラマです。普通に犯罪なのですが、この映画はあえてそんな倫理などいまさら語るまでもないという潔さ。海外は老人に犯罪をさせるのが趣味なのだろうか。日本はリアル犯罪高齢者がたくさんいるよ。そんな冗談は別にして、本作は意外なほど心に響く着地点を見せていく。まさに見る前と後で印象が変わるような作品だった。
SPACEMOV (2016年1月27日) 
観る前は、年寄りじいさんとお世話係のロボットのほんわか映画だろうなーなんて思っていたが、良い意味で裏切られ予想外な展開にびっくり。いわゆるわかりやすいドラマではないが、そここそ重要なポイントだったのね。ロボットが善悪の判断がつかない、というかプログラミングがされていない(もしくは不可能な)ために老人の犯罪の片棒をかつぎまくるのが滑稽。でも、これは人間と重ねて見せているメタファーでもある。生き方の映画ですね。
DAILYMOTION (2016年2月24日) 
本作は見た目の一般的なハードルの低さに反して実はがっつりSFになっているのが意外。ロボットが人工知能により学習し、人間味を増していくのかと思えば人間味増したのはロボット嫌いのフランクじいさんだった。まさしくロボットを通して人間性を見つめ直すように。泥棒シーンの部分は重要ではない。サスペンスではないのだから。むしろSF的な考証をできるかどうかが評価の分かれ目だと思う。コミカルの中に風刺が隠れているのです。