ちょっと今から仕事やめてくる

全ての働く人が共感できる、現実の物語

原題:ちょっと今から仕事やめてくる
製作:日本(2017年)
日本公開日:2017年5月27日
上映時間:114分
製作会社:
配給:東宝
製作費:
興行収入:

★【評価】
映画.com 3.7 / 5.0
Yahoo!映画 4.04 / 5.00
Filmarks 3.6 / 5.0

★【あらすじ】
第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の同名ベストセラーを映画化。激務が続いて仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた隆は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い電車に跳ねられそうになったところを、ある青年に助けられる。幼なじみのヤマモトと名乗るその青年に全く見覚えのない隆だったが、ヤマモトとの交流を通して徐々に明るさを取り戻し、仕事も順調に進むようになっていく。ところがある日、ふとしたことからヤマモトについて調べた隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたという信じがたい事実を知る。一体、彼は何者なのか…。

★【スタッフ】
監督:成島出(関連作品:『ソロモンの偽証 前篇・事件』)
脚本:多和田久美、成島出
撮影:藤澤順一
音楽:安川午朗

★【キャスト】
福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎、池田成志、森口瑤子

【無料動画】

「ちょっと今から仕事やめてくる」予告

「ちょっと今から仕事やめてくる」予告

(C)2017 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】【フル動画を探す】

【more】
airw.net(動画)
U-NEXT
dTV
Hulu
TSUTAYATV
au-Video


映画動画紹介ブログ村

[PR] 動画配信サービスを試してみませんか

    ●人気急上昇中の動画配信サービス(VOD)!

  • 「見たい作品がある。または過去作や関連作を合わせて鑑賞したい。でも可能な限りお得に見たい。できればタダで…」そんなときに皆が利用しているのが動画配信サービスです。今では6人に1人が動画配信サービスを利用した経験があるという調査もあります。
  • 基本的に有料ですが、お試し期間中はさまざまな作品の映画動画を無料で視聴可能。もちろん期間内に解約すればお金はかかりません。作品の配信は場合によっては期間限定なので登録はお早めに!
    ●どの動画配信サービス(VOD)で見れるの?

  • 「動画配信サービスが便利なのはわかったけど、どの映画がどのサービスで見られるのかわからない…」そんなときは「フリムビ2」でチェックしましょう。
  • 以下に紹介されている動画配信サービスで視聴できる可能性が大。「VOD」と書かれたリンクから公式サイトに移動して実際の作品配信状況を確認しましょう。
▼U-NEXT(31日間無料お試し)
関連作や原作をオンラインでたっぷり楽しみ、作品をさらに満喫! ダウンロード視聴すれば、ネット環境の弱い場所でも気軽に鑑賞!
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
映画配信サービス比較 U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料お試し)
好きなタイミングで自由自在にレンタルもできる! DVDやブルーレイと同じハイ・クオリティの映像を家でのんびりチェック。
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
映画配信サービス比較 TSUTAYA
▼dTV(31日間無料お試し)
DOCOMOだから安心。原作漫画なども合わせて楽しめる! 通勤中や移動中でも通信量を気にしなくてもOK。
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
映画配信サービス比較 dTV
▼auビデオパス(30日間無料お試し)
話題の映画・ドラマ・アニメが大量に見放題! 540円相当のビデオコインもゲットできます。
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
映画配信サービス比較 Au
▼ビデオマーケット(1か月無料お試し)
オフィシャルでレンタル店より早く新作映画を楽しもう! 公式のセル・レンタル同時配信をいち早く確認しよう。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Videomarket
▼Amazonビデオ(30日間無料お試し)
豊富なコンテンツを4K Ultra HD画質でも再生可能!アマゾンの他のサービスも利用できてお得です。
▽今すぐ見る ⇒ NO LINK
映画配信サービス比較 Amazon

▼作品をより深く知る▼

★【インタビュー】
・福士蒼汰「ヤマモトは明るいしポジティブだし、生き方も魅力的。こんな奴がいたら楽しいだろうし、こんな奴になれたらいいなと思いましたし、演じていてもハッピーでした」
・工藤阿須加「撮影までの5か月間、青山をイメージしてスーツを自分で選び、毎日着て体になじませながら、青山に近い生活を送るよう心がけました。飲み屋街に足を運び、日々働くサラリーマンがどんな愚痴を言っているのか、聞いてみたりしました」

★【感想・批評】

●映画FUN (2017年6月1日) 
ブラック企業という言葉が今や当然の就活におけるワードとなった時代。働き方の考えも大きく変わり、どんなに辛い仕事でも根性で乗り越えていくという思想は通用しなくなった。そういう時代だからこそ、こういう映画が作られるのも当然の流れだろう。命の大切さ、自分の事を考えてくれてる人達、人生は自分だけのものじゃないんだと深く考えさせてくれるという意味では、これは労働の映画ではなく、人生の映画なのかもしれない。
●BILIBILI (2017年6月4日) 
「人生は自分を大切に思ってくれている人のため」この言葉が胸にしみた。考えてみてほしい。あなたの職場の人たちはあなたを大切に考えていると断言できるか。そう言える人は今の日本にはほとんどいないのではないか。原作も読んでいて、原作でも自然と涙したけど、今回は原作と違う内容でも、映画は映画で本当に心震える体験ができた。こうやって働き方の意義を通して人生を見つめる作品が増えていくといいなと思う。社会が変わるためにも。

★【サイト利用上の注意】

  • 動画配信サービスにて実際に視聴したい作品を扱っているかどうかは時期等によって変化するため、最新の配信状況を各動画配信サービスのサイトで必ず確認してください。
  • 本サイトの情報は、記事作成もしくは更新時点のものです。
  • 動画がない場合は、コンテンツ更新をお待ちください。

シェアする(感想コメントはこちらまで)

フォローする(最新更新情報をチェック)