バガー・ヴァンスの伝説

ゴルフは、自分にペナルティを課すゲームである

原題:The Legend of Bagger Vance
製作:アメリカ(2000年)
日本公開日:2001年3月3日
上映時間:126分
製作会社:Allied Filmmakers
配給:20世紀フォックス
製作費:
興行収入:

★【評価】
43% Rotten Tomatoes

ノスタルジックでヒューマニズムに満ちあふれたファンタジー・ドラマ。1928年、アメリカ南部サバンナ。かつて天才ゴルファーと謳われたジュナは、戦場での悲惨な体験により、ゴルフも富豪の娘である恋人アデールも捨てて隠匿生活を送っていた。一方、父の後を継ぎアメリカ最高のゴルフコースを完成させたアデールは、宣伝のため人気ゴルファー2人を招くエキシビション・マッチを企画、ジュナは2人に対抗する地元選手として試合に出場することとなる。今ではボールをまっすぐ飛ばすことすらできないジュナの前に、不思議な男が現れ5ドルの報酬でキャディを申し出る。

★【スタッフ】
監督:ロバート・レッドフォード(関連作品:『モンタナの風に抱かれて』)
脚本:ジェレミー・レベン
撮影:ミヒャエル・バルハウス
音楽:レイチェル・ポートマン

★【キャスト】
ウィル・スミス、マット・デイモン、シャーリーズ・セロン、ジャック・レモン、J・マイケル・モンクリーフ、ブルース・マッギル、ジョエル・グレッチ、レイン・スミス、マイケル・オニール

【無料動画】

Legend of Bagger Vance Trailer

Legend of Bagger Vance Trailer


▼動画リンク▼

【無料視聴を確認】

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス(VOD)を試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA DISCAS/TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】

映画FUN (2016年1月3日) 
ゴルフを人生に擬えた、哲学的な台詞がとても印象的。いくつになって観ても、希望に満ち溢れている映画で、いつでも不思議とポジティブな勇気が湧いてくる。最初はゴルフの映画という珍しさに惹かれて鑑賞したのだが、もうそんな当初の思いはどうでもよくなる素晴らしさだった。あんなにギャラリーがいる中でショットの時はちゃんとみんな静かにする理由がハッキリ理解できた気がする。風や緑を感じてプレイする楽しさをわかって良かった。
OPENLOAD (2016年2月9日) 
戦争時の心の傷が元で自分のゴルフを忘れてしまった若者がひょっこり現れた謎のキャディーと共にエキシビションマッチに参加し、再び自分と向き合い自己回帰を果たすというドラマ。それはスポーツ映画というよりは人生映画です。ウィル・スミスがいい味を出しているのがポイント。マット・デイモンは若いし、なんだかおぼつかない感じだけど。シャーリーズ・セロンは相変わらず美しい。役者の名演を見ているだけでも面白い一作です。
DAILYMOTION (2016年3月7日) 
作品は終始、一緒にキャディを務める少年の目を通してこの日の試合の凄さが丁寧に語られる手法。ラストシーンは年老いた少年が自分のプレーを求めて未だゴルフを続けている場面となる。その一瞬の為に、名優ジャック・レモンが出演しているのも、なんて気が効いているんだろうと感心してしまった。ゴルフのゲームを人生に見立てて、ゴルフという競技を通じて人生を謳っているような、とにかく鮮やかで美しく、巧みな作品だと思う。